第8回 「小学生のインターネット利用に関する調査結果」

自主調査 学ぶ

インターネット開始時期のトップは「小学校1年生(21.8%)」、次いで「小学校3年生(18.6%)」となり、首位は昨年と同様の傾向を示しました。また、昨年に比べて僅かではあるものの、小学校2年生以下の全ての選択肢において、ポイントが増えています。小学生がいる家庭の25.8%はフィルタリングサービスを利用しており、特に"子ども専用のパソコン"の方が"親と共有のパソコン"に比べてフィルタリングサービスの使用率が高い結果となりました。

電子書籍に関する調査

共同調査 伝える

大ヒットとなったiPadやkindleなどの登場で、電子書籍の存在感はますます大きくなってきているように感じる。一般ユーザーは電子書籍をどう考えているのだろうか。 インターネットコムとgooリサーチが...

青空文庫に関する調査

共同調査 伝える

約1年前、「青空文庫」に関する調査を行った時点では、「青空文庫」の認知度は1割台にとどまっていた。約1年たった現在、認知度などに変化はあっただろうか。 インターネットコムとgooリサーチでは再度、「青...

第6回モバイル機器に関する調査

共同調査 伝える

インターネットコムとgooリサーチが行った調査では、スマートフォン利用意向が、「携帯電話だけで十分」とほぼ同数の結果になった。 このレポートは、Netbookやスマートフォンを中心に、モバイル機器に関...

第52回携帯電話買い替えニーズ調査

共同調査 伝える

この「携帯電話買い替えニーズ定期リサーチ」はインターネットコム株式会社とgooリサーチが定期的にレポートしているもので、今回はその第52回となる。 5月に発表された各社夏モデルにおいて、1,300万画...

携帯電話に関するアンケート

自主調査 伝える

消費者モニターの10代から60代までの方を対象に、携帯電話との関係や存在に関する調査を実施しました。主に、携帯電話との現在の関係や理想的な関係を『人』に例えて調査しました。

タイトル・本文を含めて「携帯電話」を検索する