インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

調査結果

公開中の調査結果

RSS

気になる 共同調査 甲南大学

コーヒー店の利用は10日で1回程度、喫煙者・男性・高所得者が多く利用しており、特に喫煙者の利用が目立ちます。また約3割が週に1時間はどこかでたばこの煙にさらされており、コーヒー店の利用者は非利用者に比べて約2倍長い結果です。また受動喫煙により生じるタバコの害に対する喫煙・非喫煙者の意識の違いについて明らかにしました。

タグ: . . . .

大学のオープン化に関する調査結果(2017)のアイキャッチ 学ぶ

共同調査 日本オープンオンライン教育推進協議会との共同調査

大学のオープン化に関する調査結果(2017)

スマホ・タブレットの普及によって、モバイル環境での学習も加速か?

取り組みがスタートして3年半が経過した日本のMOOCの受講者は40万人にまで拡大している。受講理由として「職業上必要」の回答が前年比で大幅に増加し、今後、自身のキャリア上のスキルアップの選択肢としての活用や、学び直しニーズが増える可能性がデータから伺えます。MOOCで学習したい分野は、音楽・映画が最も人気だが、男性は歴史、女性は心理学が過去4年間で普遍的に人気分野となっています。

従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査のアイキャッチ 働く

自主調査

従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは企業規模別で異なる

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは、小規模の事業者と特に中規模の事業者で、自社推奨度との相関が高いものの、満足度が平均よりも低い「改善を要する」項目が多く挙がった。特に「将来像・キャリアプラン」の満足度の改善は、小規模と中規模の事業者の共通の課題であることがわかった。

消費者の情報探索方法と余暇時の機器の併用に関する調査のアイキャッチ 費やす

共同調査 立教大学との共同調査

消費者の情報探索方法と余暇時の機器の併用に関する調査

全ての年代において余暇時の機器の併用が進む

興味を持つ商品・サービスの情報取得の方法について、男性は「Web上の特定のサイトから」、女性は「テレビから」が最も高いものの、商品・サービスの購買を検討する際に参考にする情報源では、女性は「家族の意見」が全ての年代で1位と最も参考にしております。家での自由時間に使用する機器は、テレビ、パソコンが高いものの、女性20代に限ってはスマートフォンの使用が顕著に高い傾向が見られます。最近は複数の機器を同時併用して情報探索する傾向が全年代で7割弱まで進み、特に「テレビ・パソコン」、「テレビ・スマホ」、「パソコン・スマホ」の併用パターンが多くなっております。

調査結果一覧

自主調査結果ピックアップ

「マーケティング・オートメーション」に関する調査結果のアイキャッチ 伝える

「マーケティング・オートメーション」に関する調査結果

マーケティング・オートメーションの認知は40%超、大企業ではリード獲得と顧客アプローチに重点

デジタルマーケティングの本格的な普及拡大に伴い、アドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)やマーケティングテクノロジーも日々進化しております。WEBマーケティングに携わっている方を対象に調査を実施したところ、マーケティング・オートメーションの認知度は40%を超え、大企業では、効率的なリード獲得と多様な顧客アプローチが求められている現状が浮き彫りになりました。

従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査のアイキャッチ 働く

従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは企業規模別で異なる

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは、小規模の事業者と特に中規模の事業者で、自社推奨度との相関が高いものの、満足度が平均よりも低い「改善を要する」項目が多く挙がった。特に「将来像・キャリアプラン」の満足度の改善は、小規模と中規模の事業者の共通の課題であることがわかった。

第2回 育児と仕事に関する調査のアイキャッチ 働く

第2回 育児と仕事に関する調査

今後欲しい企業の育児サポート制度は、「育児サービス利用料の補助」「事務所内保育所」

6歳以下の子どもを持つ既婚女性が働く理由の第一位は「食費、生活費など家計を支えるため」となり、8割を超えました。また、今後欲しい育児サポート制度として「育児サービス利用料の補助」が最も多かったことからも、厳しい家計状況が伺えました。今年の6月に支給が開始した子ども手当の支給方法については、「現在のまま(年3回でよい)」が最も多く約6割となりました。一方、「分割ではなく、毎月で欲しい」という声も、世帯年収600万円未満では3割以上となりました。

「2020五輪開催地」に関する調査結果のアイキャッチ 生きる

「2020五輪開催地」に関する調査結果

日本が2020東京五輪開催の際にもっともアピールしたいのは「食文化」、一方、海外が五輪開催地にもっとも求めるものは「人々の情熱」

gooリサーチでは、「gooリサーチ」登録モニターと、イギリス、オーストラリア、スペイン各国の提携モニターを対象に、「2020五輪開催地」に関する調査を実施しました。調査の結果、五輪開催により生まれる効果として、国内では「観光客の増加」が最も期待されるものとなりましたが、過去の開催国であるイギリスでは「自国で開催することの誇り」が最も実感されていました。また、五輪開催の際にアピールしたいものとして、国内では「美味しい食べ物」が1位となりましたが、海外が五輪開催地に期待するものは「人々の情熱と熱狂」が最も多く、国内と海外とで差異が見られました。

自主調査結果一覧

調査結果について

最新のIT動向や消費行動についてのアンケート結果や、時事・トレンドの調査レポートを公開しています。データストアにて調査データを無料で提供してる調査結果もあります。NTTコム リサーチの調査結果を研究・レポート等にお役立てください。(お問合せ:research-info@nttcoms.com

自主調査 自主調査

NTTコム リサーチが独自で企画・実施したインターネット調査の調査レポートです。
出典を明記していただければ、自由にご活用いただけます。

  • 「NTTコム リサーチ」調べ:出典「NTTコム リサーチ」
  • 「gooリサーチ」調べ:出典「NTTコム リサーチ(旧gooリサーチ)」
共同調査 共同調査

大学やメディア等と共同で企画・実施した調査結果です。
調査結果の転載等につきましては、事前にお問合せください。

トレンド トレンドレポート

消費行動パターン(食べる、住む、学ぶ、暮らす、生きる、働く、費やす、遊ぶ、気になる、流行る・廃る、伝える、守る、病む)に分類し、“旬のテーマ”についての分析・見解をショートレポートの形でご提供しています。

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • NPSベンチマーク調査 結果レポート
  • アンケートモニター募集中
プライバシーマーク

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

プライバシーポリシー

上へ戻る