ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

経済指標に関する調査のアイキャッチ

経済指標に関する調査

共同調査 生きる ダウンロード

消費者物価指数に関心、37%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2008年05月13日 ネットリサーチ

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第77弾>

経済指標に関する調査

~消費者物価指数に関心、37%~

日本の景気は不透明さを増しており、行方を見定める手がかりとなる経済指標に注目が集まっている。

読売新聞とgooリサーチは、経済指標や景気判断の知名度などをインターネットでアンケート調査した。

調査結果について

その結果、主要な七つの経済指標・景気判断のうち、「消費者物価指数」と「完全失業率(労働力調査)」が最も知名度が高く、ともに81%の人が知っていた。次いで、景気動向指数、日銀短観(企業短期経済観測調査)、四半期別国内総生産(GDP)などの順だった。

景気動向に関連の深い、以下の経済指標のうち、聞いたことがあるのはどれですか。のグラフ

その中で動向に関心を持っている指標は、「消費者物価指数」が37%で最も高かった。「わからない」「難しそう」と敬遠される経済指標だが、生活に身近なものは関心を持たれているようだ。

景気動向に関連の深い、以下の経済指標のうち、動向に関心を持っているのはどれですか。のグラフ

経済指標をどんな場面で使うかとの質問では、「社会常識を高めるため」が50%で最も多かった。次いで、「株売買など投資判断の参考」、「仕事」などの順だった。

経済指標をどのような場面で利用しますか。のグラフ

調査は4月下旬に実施、全国の18歳以上の男女計1071人が回答した。

<調査概要>

  • 実施期間: 2008/04/25~2008/04/28
  • 有効回答数: 1,071

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

上へ戻る