ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

在宅ワークに関する調査のアイキャッチ

在宅ワークに関する調査

「在宅勤務に興味がある」49.8%

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

国内の高齢化が進む現在、共働きの夫婦などは、家族の介護を理由に休職/退職するケースが多いと聞く。人によっては、空いた時間を使って自宅で仕事をすることもあるようだ。また理由は違うが、昨年3月の東日本大震災時には、社員の在宅勤務を支援した企業もあった。

在宅勤務の場合、会社にある自分のパソコンを遠隔操作できるクラウドサービスを利用すると便利である。在宅勤務とクラウドサービスについて、インターネットユーザーはどの程度の関心があるのだろうか。

そこで、インターネットコムとgooリサーチでは、「在宅ワーク」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代~60代以上のインターネットユーザー1,083人。男女比は男性52.9%、女性47.1%、年齢別は10代16.5%、20代18.3%、30代21.7%、40代16.3%、50代15.2%、60代以上12.0%。

全体1,083人の52.1%にあたる564人が、「官公庁や地方自治体、民間企業に勤務(パートタイム/アルバイトを含む)している」と回答した。

この564人に、「在宅勤務」に切り替えたいかどうか聞いてみたところ、そのうちの44.7%(252人)が、「在宅勤務に切り替えたいが制度がない」と回答した。また「現在すでに在宅勤務している」は2.8%(16人)、「近い将来、在宅勤務に切り替える予定」は2.3%(13人)。この結果から、全体の49.8%(281人)が在宅勤務に関心があることがわかった。

在宅勤務に関心があるユーザー(在宅勤務中/予定を含む)281人のうちの179人が、その理由に「自分のペースで仕事をしたい」を挙げている。次いで「通勤に時間を取られたくない」149人、「家族と過ごす時間を長くしたい」81人。

一方、「官公庁や地方自治体、民間企業に勤務していない」と回答した494人のうち、学生/自営業者を除いた278人に「在宅勤務であれば働きたいか」と聞いたところ、全体の56.1%(156人)が「働きたい」と回答した。また「在宅勤務、通勤を問わず働きたい」と思う人が21.6%(60人)いるとわかった。

このほか、クラウドサービス「MicrosoftOffice365」「GoogleApps」についても聞いた。

<調査概要>

  • 実施期間: 2012/02/14~2012/02/17
  • 有効回答数: 1,083

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

上へ戻る