ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

第1回 モバイル機器に関する調査のアイキャッチ

第1回 モバイル機器に関する調査

スマホ所有者が2割、その5割が Android―定期調査「モバイル機器」(1)

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「モバイル機器」について調査した第1回である。

調査対象は全国10代~50代以上のインターネットユーザー1,079人。男女比は男性53.0%、女性47.0%。年代比は10代16.6%、20代18.4%、30代21.9%、40代16.0%、50代以上27.2%。

まず、今回もユーザーがどのようなモバイル機器を所有しているかを調べた。持っているモバイル機器の種類を尋ねたところ、予想通り「従来型の携帯電話/PHS」が77.9%と群を抜いて最も多かった。ほかに目立ったのは、「ノートPC/ネットブック」の45.0%、「携帯ゲーム機(ニンテンドーDSやPSPなど)」の37.7%、「携帯音楽プレーヤ(iPod touchなど)」の34.4%。

このところ所有者の増えている「スマートフォン」は18.3%だった。今回から調査方法を変えたので単純な比較はできないものの、スマートフォンの所有率は前回が15.3%、前々回が12.1%、前々々回が9.6%と増加する一方である。

次に各スマートフォンプラットフォームの勢力分布を確認するため、スマートフォン所有者197人に「どのようなスマートフォンをお持ちですか」と質問してみた。その結果、1位は「Android搭載機」(54.3%)、2位は「iPhoneシリーズ」(42.1%)、3位は大きく離され「Windows系OS搭載機(Windows Mobileなど)」(4.6%)となった。

単一製品ファミリで市場シェア4割を占める状況から、iPhoneの人気の高さが分かる。ただし、プラットフォーム市場ではエコシステムの大きさが力となりうるため、過半数となったAndroid勢の今後に注目したい。なお、米国でもAndroidの市場シェアが4割まで拡大した。

最後に、今回はスマートフォンの使用目的に着目してみよう。スマートフォン所有者197人に「どのようなことにスマートフォンを使っていますか」という質問に対する回答で多かったのは、「Webサイト閲覧」(91.9%)、「通話」(86.3%)、「メール」(89.8%)の第1グループ、「SNS利用(mixiやTwitter、Facebookなど)」(51.3%)、「スケジュール管理」(45.7%)、「ゲーム」(43.1%)の第2グループに大きく分かれた。なお、自由回答のなかには、動画再生や家計簿、地図として利用しているという意見もあった。

<調査概要>

  • 実施期間: 2011/07/29~2011/08/03
  • 有効回答数: 1,079

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

上へ戻る