ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

モバイルリサーチ第43回:「第7回モバイルショッピングに関する調査」のアイキャッチ

モバイルリサーチ第43回:「第7回モバイルショッピングに関する調査」

モバイル広告・検索からモバイルECサイトへの誘導がさらに増加【第43回:モバイル調査】

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

この「モバイルリサーチ with goo」では、gooリサーチとjapan.internet.comが共同で、携帯電話を活用したリアルタイムアンケートを定期的に行い、その結果を発表している。
今回は第41回と同様に「モバイルショッピング」について質問を行った。

■ モバイルショッピング利用経験者、今回も増加

まず前回までと同様に、モバイルショッピング=携帯電話でのオンラインショッピングの利用経験者を見てみよう。すべての回答者に対して「モバイルショッピング(携帯電話を利用したインターネットショッピング)をしたことがありますか」との質問を行った。

「よく利用する」との回答は10.17%(106人)と前回の11.04%から微減しているが、誤差の範囲と見ていいだろう。「ときどき購入する」は25.14%(262人)と、前回の23.55%から増加、合計は35.31%となった。モバイルショッピングユーザーは前回の34.59%から0.72ポイントと小幅ではあるが、前回に続いてまた増加する結果となった。

「購入したことはある程度」は28.41%(296人)であり、モバイルショッピングユーザーとの合計は63.72%。モバイルショッピング利用経験者は、前回の62.37%から1.35ポイントの上昇となった。

■ モバイル広告・検索からの誘導、さらに増加

前回調査では、第1回調査と比較してモバイルでの検索や広告からの誘導が大きく増加しているのがわかったが、モバイル広告・検索からの誘導は今回も目に見えて増加している。

モバイルショッピングの利用経験者664人に「購入先のサイトはどのようにして見つけましたか」との質問を行ったところ、最も回答を集めたのは「PCで利用しているサイトのモバイル版」で75.45%(501人)と、前回の80.68%から5ポイントほど減少している。

それに次いだのは「検索・バナー(モバイル)」で25.15%(167人)で、前回の20.21%から5ポイント近く上昇している。モバイル検索やモバイル広告の重要度はますます増大しているようだ。

■ 決済方法はクレジット決済が圧倒的

最後に、決済方法を見てみよう。同じくモバイルショッピング利用経験者664人に、よく利用する決済方法を尋ねた。最も回答を集めたのは「クレジットカード決済」で65.21%(433人)。以下は「コンビニ決済」12.05%(80人)、「配達時代金引換」11.75%(78人)と続いたが、クレジットカードの圧勝という状況だ。

調査は、日本全国に住む10代~50代以上の男女合わせて1,042人を対象に実施。男女比率は、男性40.59%、女性59.41%。年齢層分布は、10代3.75%、20代30.81%、30代38.38%、40代21.11%、50代以上5.95%。

<調査概要>

  • 実施期間: 2008/12/09~2008/12/11
  • 有効回答数: 1,042

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

上へ戻る