高速道路の料金と利用に関する調査

共同調査 遊ぶ

首都高の距離別料金制導入案が発表された。東京都内の路線では、現在の一律700円が、距離によって400円から1,200円になるという。首都高を利用するドライバーはどのように思っているのか。また導入された場合、首都高利用にどのような変化が生じるのか調査した。

車の利用に関する調査

共同調査 遊ぶ

帰省や旅行で高速道路を利用する機会が多いこの時期。読売新聞とgooリサーチが共同で行ったインターネットによるアンケートは、料金所をスムーズに通過し、高速料金は自動的に精算されるノンストップ自動料金収受システム(ETC)の利用状況などを尋ねた。

駐車場サービスに関する利用意向調査

共同調査 遊ぶ

時間貸し駐車場のサービスが多様化する中、7割を越える人が「空車」駐車場検索サービスを利用したいと答えている。また、携帯電話を利用した駐車位置検索サービスや駐車料金お知らせサービスなど差別化された駐車場が人気。

ETCサービス利用実態調査

共同調査 遊ぶ

高速道路でETCレーンが増加する中、半数弱の人がETCサービスを利用していることが明らかになった。しかし、各種割引制度の浸透にはばらつきがあり、ETCサービス普及の鍵はサービスの種類を増やすことよりもシンプルな割引制度といえそうだ。