NPSベンチマーク調査(ISP)

自主調査 伝える

ISP8社のNPSおよびロイヤルティ要因についての調査を実施したところ、もっともNPSが高かったのはeo光(ケイ・オプティコム)となりました。ISP業界全体でみると、「コスパ」「通信速度」「通信の安定性」で重要度と満足度のギャップが大きく、課題感のある要素となりました。

NPSベンチマーク調査結果(スマートフォン)

自主調査 費やす

スマートフォンメーカー8社のNPS(R) (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS(R)が高かったのはiPhone(Apple)となりました。また、革新的な機能やサポートの手厚さ等の付加的な機能の満足度が推奨者と中立者の差となり、安定性や使い勝手といった基本的な機能への満足度が中立者と批判者を分ける結果となりました。

NPSベンチマーク調査結果(百貨店業界)

自主調査 費やす

百貨店業界10社のNPS (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS(R)が高かったのは阪急百貨店となりました。また、推奨度が高い人ほど当該百貨店での年間利用金額が高い傾向が見られました。

NPSベンチマーク調査結果(通販化粧品・健康食品業界)

自主調査 費やす

通販化粧品・健康食品業界9社のNPS® (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高かったのはオルビスとなりました。また、購入の決め手となった情報源別のNPS®を分析したところ、「コンタクトセンター」および「知人からのお薦め」を選択している購入者のNPS®が高い結果となりました。

NPSベンチマーク調査結果(自動車保険業界)

自主調査 暮らす

自動車保険会社9社のNPS® (ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高かったのはソニー損害保険株式会社となりました。また、代理店型とダイレクト型とで違いはあるものの、両者ともに「コスパ」での重要度と満足度のギャップが最大となり、今以上の「コスパ」への期待感が見られました。

NPSベンチマーク調査結果(クレジットカード業界)

自主調査 費やす

クレジットカード会社14ブランドのNPS®(ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高かったのはビューカードとなり、また、NPS®上位カードでは、日常生活での「ポイントのたまりやすさ」「使いやすさ」など、個々のライフスタイルにあった「お得感」が高く評価されました。

NPSベンチマーク調査結果(生命保険業界)

自主調査 働く

生命保険会社11社のNPS®(ネットプロモータースコア)およびロイヤルティ要因についての調査を実施しました。この結果、もっともNPS®が高い企業はソニー生命保険株式会社となり、またNPS®が高い企業は保有契約高の前年比(成長率)も高い傾向が見られることがわかりました。

第4回「映画館での映画鑑賞」に関する調査

自主調査 遊ぶ

2012年から続く映画館での映画鑑賞の実態を探る調査の4回目。調査の結果、映画館で映画を観る人の鑑賞率は低下し、過去調査の中で最も低い鑑賞率となりましたが、1人あたりの平均鑑賞本数は増加したことが明らかになりました。また、久しく続く「邦高洋低」傾向において、今回調査では、洋画、特に洋画実写映画に復興の兆しがみられ、若年層を中心に鑑賞率が上昇しました。洋画実写映画において、女性向けのタイトルが顕著にヒットする傾向があるなか、「アメリカン・スナイパー」が異例のヒットを遂げた背景を探ると、人口比率の高い男性シニア層を多く取り込めたことが要因として考えれました。

NPS®業界ベンチマーク調査

自主調査 働く

NPS®(Net Promoter Score®)の日本市場におけるベンチマークとして、金融・通信・ハイテク機器・EC・旅行業等の21業界・全140ブランドにわたるNPS調査を実施しました。

化粧品に関する調査

自主調査 費やす

今回の調査から、「満足度」、「今後の継続購入意向」のいずれもオルビスがトップの地位を占め、業界内で相対的に顧客満足度が高いことが分かった。また、アルビオンがこれに続き、推奨意向では首位を占めるなど高い評価を得ている。継続購入意向という点では、ちふれやドクターシーラボ、ファンケルも上位にランクインしており、手堅い支持が伺える。

第1回 自動車に関する1万人顧客満足度調査

自主調査 遊ぶ

今回の調査から、「ロイヤリティ」、「満足度」、「今後の継続購入意向」のいずれもトヨタがトップの地位を占め、業界内で相対的に顧客満足度が高いことが分かった。また、トヨタ優勢ながらも、メルセデスベンツやBMWなど輸入車も健闘しており、満足度や今後の継続購入意向で高い評価を得ている。ロイヤリティという点では、ホンダと日産も上位にランクインしており、手堅い支持が伺える。

ISPに関するイメージ調査結果

自主調査 伝える

今回の調査結果より、「OCN」のイメージは「NTT」、「安定」といったキーワードが上位を占めており、NTTグループのもつ企業イメージが十分浸透していることが分かる。同様に「DION」についても「KDDI」、「安心」といったイメージが多く、通信事業者としてサービス提供してきた実績のイメージが強いことがうかがえる。

★第1回企業の個人情報保護と情報セキュリティ対策に関する意識調査

自主調査 働く

gooリサーチでは、企業の個人情報保護やセキュリティ対策状況について最新の実態を把握するため、「gooリサーチビジネスモニター」を対象にインターネットアンケートを実施。「セキュリティ監査」や「情報セキュリティマネジメント(ISMS)適合性評価制度認証」への注目が集まっているが、認知度はいずれも2割前後に留まっている。