ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

エコポイントに関する調査のアイキャッチ

エコポイントに関する調査

対象製品購入者の8割が申請済み

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

昨年の5月に開始された省エネ家電購入に対する「エコポイント制度」。ちょうど1年前に行った調査から認知度などに変化は現れているだろうか。

インターネットコムとgooリサーチが行った「エコポイントに関する調査」によると、認知度はほぼ100%にまで高まっていることがわかった。

調査対象は、全国10代~60代以上のインターネットユーザー1,070人。男女比は男性52.6%、女性47.4%、年齢別は10代16.3%、20代18.1%、30代21.5%、40代16.4%、50代15.5%、60代以上12.2%。

早速認知度を見てみよう。全回答者に「省エネ家電購入時に付与される『エコポイント』をご存知ですか」とたずねたところ、「知っている」84.6%(905人)、「聞いたことはある」14.5%(155人)。これをあわせた認知度は99.1%で、100%の認知度まであとわずか、というところまでになっている。

昨年の調査でも95.6%と高い認知度であったが、そこからさらに3.5ポイントの上昇となっている。

次は「エコポイント対象製品の購入を検討していますか」との質問で購入意向を調べてみたところ、「検討している」が13.6ポイント減少し22.3%(236人)、「検討していない」が16.5ポイント減少し43.5%(461人)になっているのに対し、「すでに購入した」は28.1ポイント上昇し30.1%(319人)、「すでに購入したがまだ検討している製品がある」は2.1ポイント上昇し4.2%(44人)となっている。

エコポイント認知者の3割ほどは、すでにエコポイント対象製品を購入しているようだ。

最後に、エコポイント対象製品購入者363人に「エコポイント取得のための申請を行いましたか」と、聞いてみた。

最も回答を集めたのは「申請した」の84.3%(306人)で、8割を超え、「申請していない」は11.0%(40人)で1割ほどになっている。

「申請が必要なことを知らなかった」という回答者は1.1%(4人)となっており、申請が必要なことを知らずに、そのまま放置している人も少なからずいるようだ。

<調査概要>

  • 実施期間: 2010/05/19~2010/05/21
  • 有効回答数: 1,070

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

上へ戻る