ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

夫婦生活に関するアンケートのアイキャッチ

夫婦生活に関するアンケート

共同調査 暮らす ダウンロード

40代以上3000人徹底調査 変容する「日本の夫婦」45%が離婚の危機に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と プレジデント による共同企画調査

【プレジデント・gooリサーチ共同】

夫婦生活に関するアンケート

雑誌「プレジデント」とインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」は、「gooリサーチ」の登録モニターを対象にアンケート調査を実施しました。今回の対象は、40代~60代の全国の既婚者男女。熟年既婚者の配偶者に対する意識、また日常の会話~性生活に渡る実生活について聞きました。有効回答者数は3208名で、男女比は半々で、夫が1602名、妻が1606名です。

調査結果について

今回のアンケート回答者は40代以上の既婚者男女。回答者の7割近くが結婚歴20年以上を占めた。

配偶者と長年連れ添う中で「配偶者から愛されている実感があるか」と聞いたところ、夫、妻双方ともに、6割を超える層が「愛されている実感がある」と回答した(「あてはまる」「まあ、あてはまる」を併せて肯定評価とした)。しかし、「配偶者にいまでも異性を感じるか」については、夫側が「(妻に対して)異性を感じる」と答えたのが、6割近くに達した一方で、妻側は「(夫に対して)異性を感じる」と答えたのが、3割程度に留まった。

また、近年クローズアップされている介護に関して、その結果を反映するかのように「いまの配偶者を献身的に介護できるか」については、「介護できる」が夫側82.8%に対し、妻側は68.5%となり、男女間の意識に違いが出る結果となった。

■配偶者から愛されている実感がありますか? (夫n=1602/妻n=1606)のグラフ
■配偶者にいまでも異性を感じますか? (夫n=1602/妻n=1606)のグラフ
■いまの配偶者を献身的に介護できますか? (夫n=1602/妻n=1606)のグラフ

<調査概要>

  • 実施期間: 2009/07/22~2009/07/24
  • 有効回答数: 3,208

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

上へ戻る