ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

天気予報に関するアンケートのアイキャッチ

天気予報に関するアンケート

天気予報のチェックは「テレビ番組」が9割弱、PCポータルサイトは6割弱が利用

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

ポータルサイトをはじめインターネット上で提供される天気予報や、テレビ、ラジオ、177天気予報電話サービスなど、多種多様な天気予報サービスが提供されているが、どのサービスを利用しているユーザーが多いだろうか。

インターネットコムとgooリサーチが行った「天気予報に関する調査」では、天気予報を調べる方法としては「テレビ番組」がトップで、これに続くのが「パソコンでポータルサイトの天気予報」という結果であった。

調査対象は、全国10代~60代以上のインターネットユーザー1,059人。男女比は男性52.03%、女性47.97%、年齢別は10代16.81%、20代17.85%、30代21.72%、40代15.68%、50代15.96%、60代以上11.99%。

まずは調査対象全体に「普段天気予報を調べる方法を全てお答えください」との質問を行ったところ、「テレビ番組」との回答が最も多く935人(88.29%)、これに「パソコンでポータルサイトの天気予報」の614人(57.98%)が続いた。

半数以上の回答者が利用しているのはこの2つで、以下は「パソコンで天気予報専門サイト(無料)」(435人:41.08%)、「新聞」(389人:36.73%)、「携帯電話で天気予報サイト」(277人:26.16%)などの利用者が多くなっている。

有料の天気予報専門 PC サイトを利用するユーザーは9人(0.85%)で、177天気予報電話サービスの46人(4.34%)よりも利用者は少ないようだ。

続いて、天気予報を調べないという8人を除いた1,051人を対象として、「天気予報はどれくらいの割合で当たっていると思いますか」との質問を行った。

「100%」との回答はわずか0.29%(3人)。「80~90%ぐらい」になると26.55%(279人)、「60~70%ぐらい」では最多となる58.80%(618人)となった。

6割以上の確立で天気予報が当たっていると感じている人は85.64%で、8割以上となっている。

「1年前と比べて天気予報の的中率はあがっていると思いますか」との質問では、「変化は感じられない」が52.52%(552人)の回答を集めており、半数以上が的中率は変わっていないと感じているようだ。

ただ、「多少下がっている」(8.56%:90人)、「下がっている」(2.00%:21人)といった現状に対して否定的な意見は少なく、あわせても1割ほどであった。

<調査概要>

  • 実施期間: 2008/10/01~2008/10/03
  • 有効回答数: 1,059

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

上へ戻る