第4回電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

インターネットコムとNTTコム リサーチがアンケート調査を定期的に行い、今回は「電子マネー」について調査した第4回である。まず、電子マネーの利用率を確認する。使っている人の割合は「スマートフォン/携帯電話で使っている」が20.7%、「パソコンで使っている」が14.3%、「IC/磁気カードで使っている」が55.5%だった。一方「使っていない」人は28.0%。

第3回電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコムとNTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子マネー」について調査した第3回である。

第2回電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子マネー」について調査した第2回である。

第4回 電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコムとNTTコムリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子マネー」について調査した第4回である。

第3回 電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子マネー」について調査した第3回である。

第2回 電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子マネー」について調査した第2回である。

第1回 電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子マネー」について調査した第1回である。

電子マネーに関する調査

共同調査 伝える

電車に乗るときや、自動販売機で飲み物を買うとき、ポケットから取り出すのは、小銭かICカード、どちらが多いだろうか。日常生活で電子マネーを利用する状況が増加している。インターネットコムとgooリサーチでは「電子マネー」に関する調査を行ってみた。

電子マネーに関する調査

自主調査 費やす

今年の夏モデルよりスマートフォンにおサイフケータイ対応機種が増えることから、現状の電子マネー活用状況や比較的少額な決済に関するお支払い時に関する意識、節約術の一助となるポイント活用状況を確認するために調査を行いました。また、電子マネーの支払い方式のうち「ポストペイ(後払い)方式」にも着目し、意識を確認致しました。

インターネット募金に関する調査

共同調査 生きる

赤い羽根共同募金をはじめとして、私たちが参加できる募金はたくさんあるのだが、できればより手軽な方法で参加したいというのが本音である。家にいながら募金活動に参加できるインターネット募金を、ユーザーはどの...

第16回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

インターネットコムとgooリサーチが行った調査では、電子マネーユーザーの8割以上が、月平均で1万円未満の金額を使用していることがわかった。 このレポートは、「電子マネーに関する定期調査」の第16回目の...

第15回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが行った「電子マネーに関する定期調査」の第15回目の報告である。この定期調査では、Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触...

第14回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが行った「電子マネーに関する定期調査」の第14回目の報告である。定期調査では、Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型I...

第13回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

このレポートは、インターネットコムとgooリサーチが行った「電子マネーに関する定期調査」の第13回目の報告である。Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型ICカードを使っ...

第12回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

インターネットコムとgooリサーチが行った調査では、おサイフケータイ所有者の約3分の1が、電子マネー機能を使っていることがわかった。ただし、普及率は依然として、カード型の電子マネーのほうが高いようだ。...

関西の鉄道利用に関する調査結果

自主調査 住む

昨年から今年にかけて開業した京阪中之島線、阪神なんば線の利用者は、6割弱と各沿線住民の利用率が高い。また新しい路線の整備などで、関西国際空港まで直通で行ける交通手段の増加、乗換え等を含めた空港までの全アクセス時間の短縮などの期待が大きい。鉄道ICカードの保有状況は、鉄道利用者の7~8割がICカードを保有しており、通勤・通学利用者を中心に普及が見られる。乗車機能以外にICカードを、電子マネー(4割弱)、蓄積ポイントの利用(2割)、クレジットカードとして(2割)利用されている。

第11回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

このレポートは「電子マネーに関する定期調査」の第11回目の報告である。Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型ICカードを使った電子マネーについて定期的に利用動向を探って...

第10回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

このレポートは「電子マネーに関する定期調査」の第10回目の報告である。Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型ICカードを使った電子マネーについて定期的に利用動向を探って...

第9回電子マネーに関する調査

共同調査 費やす

このレポートは、「電子マネーに関する定期調査」の第9回目の報告である。Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型ICを使った電子マネーについて定期的に利用動向を探っていく。...

タイトル・本文を含めて「電子マネー」を検索する