ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

企業によるソーシャルリスニングに関する動向調査のアイキャッチ

企業によるソーシャルリスニングに関する動向調査

32.6%の企業でソーシャルメディア投稿情報分析ツールを導入

共同調査 働く ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と NTTデータ経営研究所 による共同企画調査

FacebookやTwitterなどソーシャルネットワークサービス(SNS)はユーザー数が日本国内で5,000万人を超え、企業の視点から、ソーシャルメディアマーケティングと呼ばれる有力なマーケティング媒体と認識されるようになりました。自社のソーシャルメディアサイトだけでなく、ソーシャルメディア全体の中で人々が日常的に語っている会話や自然な行動に関する投稿データを調査、テキストマイニング技術などビッグデ-タを解析し、マーケティングに活用する「ソーシャルリスニング」という手法に取り組み始めています。

株式会社NTTデータ経営研究所は、gooリサーチ登録モニターを対象に、「企業によるソーシャルリスニングに関する動向調査」を実施しました。

<調査概要>

  • 実施期間: 2013/06/21~2013/07/01
  • 有効回答数: 408

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

上へ戻る