インターネット調査は、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチへ

会議に関する意識調査のアイキャッチ

会議に関する意識調査

共同調査 働く ダウンロード

賢い会議、バカな会議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と プレジデント による共同企画調査

【プレジデント・gooリサーチ共同】

会議に関する意識調査

雑誌「プレジデント」とインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」は、「gooリサーチ」の登録モニターを対象にアンケート調査を実施しました。今回の対象は、全国の20歳以上の正社員。ビジネスマンたちの体験に基づく会議に対する意識や価値観について聞きました。有効回答者数は1046名、男女比は87:13でした。

調査結果について

これまでのビジネス体験上、参加して「最も有意義だった」と感じた会議については、「プロジェクトメンバーによる進捗会議」が最も多く23.6%、次いで、「実務担当者の連絡会議」が18.9%と続く結果となった。その一方で、「最も無駄だった」と感じた会議については、「全社会議」が18.7%と最も多く、2位以下を5ポイント以上引き離す結果となった。

また、これまで参加した様々な会議時間を平均して考え、適正だと思う会議時間については「30分以上1時間未満」が60.0%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が30.2%となり、「30分未満」という結果(7.3%)を含め、2時間未満の会議が適正であるというビジネスマンは全体の97.5%に上った。

■有意義と感じた会議 (n=1046)のグラフ
■無駄と感じた会議 (n=1046)/適正だと思う会議時間 (n=1046)のグラフ

<調査概要>

  • 実施期間: 2009/06/24~2009/06/25
  • 有効回答数: 1,046

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

上へ戻る