ブランドの購買への影響調査

共同調査 費やす

昨今、小売事業者を中心に、オムニチャネルという取り組みが拡大しつつあります。メーカーにとっても有効な施策と考えられていますが、小売事業者と異なり直接的な顧客接点を保有していないという特徴があります。そ...

ファッションに関する調査

共同調査 伝える

季節の変わり目は、ファッションに関心がある人には忙しい時期だ。でも「どういったファッションをしていいか、わからない...」、そんなユーザーも多いだろう。そんな中、どれくらいの人が「ファッションアプリ」...

富裕層の海外旅行動向調査

共同調査 遊ぶ

富裕層マーケティングが注目されている。そこで今回は、世帯全体の金融資産が1億円以上の『富裕層』および、5000万円以上の『準富裕層』を対象に、「富裕層は何にお金を使うのか」を探るべく、旅行の手配方法や重視ポイント、価格プレミアムなどについて調査した。

「クルマに対する意識についてのアンケート」調査結果

自主調査 遊ぶ

最近の乗用車販売の成長鈍化の背景には、普及率の上昇といった要因以外に、「クルマ」を保有することに対する関心・興味が購入につながらないことが関係していると考えられる。今後は購入意向の強い高所得者や年齢が比較的高い層等を意識した商品投入・販売、維持・管理ニーズに対応した部品・用品・サービス提供が求められていくと考えられる。

男性用カバンに関する調査

共同調査 費やす

フジサンケイビジネスアイとgooリサーチは共同で、男性328人を対象に、男性向けバッグで「あなたが欲しいと思うもの」は何か、アンケート調査した。1位は吉田カバンが展開するブランド「ポーター」、2位が米国のバッグメーカー「トゥミ」となった。

「メイド イン ジャパン に関する調査結果」

自主調査 働く

一般インターネットユーザおよび「gooリサーチ」登録モニターを対象に「メイド イン ジャパン に関する調査」を実施した。「日本製品」であることを商品選択条件とする人は75%にも上り、信頼性、安全性の対価として他国製品より2割高くても購入意向あり。

タイトル・本文を含めて「ブランド」を検索する