インターネット調査は、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチへ

親しい友人への連絡手段に関する調査のアイキャッチ

親しい友人への連絡手段に関する調査

友人との連絡、SNSを使うも電話/メールは必要

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

現在、さまざまなタイプの SNS(ソーシャル ネットワーキング サービス)が普及しており、複数サービスに登録している人も多い。その SNS 内では、職場や学校などで顔を合わせる友人と接することもあるだろう。Web を通じたコミュニケーション機会の増加により、友人への連絡手段も以前と変わってきているのではないだろうか。

そこで、インターネットコムとgooリサーチでは、「親しい友人への連絡手段」に関する調査を行った。

調査対象は、全国10代~60代以上のインターネットユーザー1,082人。男女比は男性52.8%、女性47.2%。年齢別は10代16.5%、20代17.8%、30代21.6%、40代16.1%、50代15.6%、60代以上12.3%。

まず、普段どのような手段で親友と連絡を取るかを複数回答で聞いてみた。

その結果、親友との連絡手段として最も多く使われていたのは「メール」で927人、次いで「電話」が823人、3位の「手紙」は163人で、2位とは大きく差が開いた。SNS を見てみると、「mixi」が150人で最も多く、次いで「Twitter」と「Facebook」が121人で同着となった。また「Skype」「Line」などの無料通話サービスはこれらより低かった。

次に、親友と連絡を取る1,003人に対し、1か月当りの親友との連絡頻度を聞いてみた。結果は、「1か月以上連絡しない」が全体の25%以上(258人)を占め最も多く、続いて「1週間に1回程度」19.8%(199人)、「1か月に1回程度」17.8%(179人)となった。ちなみに「毎日」連絡を取るユーザーは全体のわずか7.0%(70人)しかいなかった。

続いて、用件や話題に応じて親友への連絡手段を使い分けているかを聞いてみると、「使い分けている」と回答したユーザーは全体の54.1%で543人、対して「使い分けていない」と答えたのは38.2%で383人、残りのユーザーは「わからない」と答えた。

さらに、「使い分けている」と答えたユーザー543人に対し、遊びに誘うなどのポジティブな話題や用件の場合、どのような手段で親友と連絡を取るかを複数回答で聞いてみた。その結果、全体543人の内463人が「メール」と答え、2位にはやはり「電話」(138人)がランクインした。無料通話サービスや SNS などは回答者30人にも満たない結果となった。

SNS で連絡を取るユーザーも少なくないが、やはり電話/メールあっての連絡手段のようだ。

本調査ではこのほか、親友と連絡を取る時間帯や、状況に応じた連絡手段の取り方などを聞いている。

<調査概要>

  • 実施期間: 2012/03/21~2012/03/24
  • 有効回答数: 1,082

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . . . . . . .

上へ戻る