ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略に関する動向調査のアイキャッチ

企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略に関する動向調査

共同調査 働く ダウンロード

40.6%の企業で各種顧客情報ID連携を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTコム リサーチ と NTTデータ経営研究所 による共同企画調査

企業のマーケティングにおいて、顧客情報・商品情報・顧客接点が急速にデジタル化し、多種多様なデータ・チャネルのすべてを統合的に扱い、リアル店舗とネットショップ間での情報連携などにより顧客にシームレスな購買体験を提供するオム二データ・オム二チャネル戦略の推進の重要性が高まっています。そこで、日本企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略について調査し、多くの企業でオムニデータ・オムニチャネル戦略推進の基盤整備が進んでいることがわかりました。

株式会社NTTデータ経営研究所は、NTTコム リサーチ登録モニターを対象に、「企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略に関する動向調査」を実施しました。

<ポイント>

  • 40.6%の企業で「各種顧客関連情報の統合活用のための各種顧客情報ID連携」を実施
  • 5割弱の企業で「オムニデータ・オムニチャネル戦略に関する経営トップ層による指示」
  • 5割弱の企業で「販売チャネルによって商品サービス情報提供内容などサービスレベルがバラバラである」という課題

<調査概要>

  • 実施期間: 2014/07/14~2014/07/15
  • 有効回答数: 1,006

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: .

上へ戻る