インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

お見積はこちらから

お見積・資料請求 03-4330-8402

「NTTコム リサーチ」のご紹介

2013年12月9日

「NTTコム リサーチ」のご紹介

2013年12月9日。「gooリサーチ」は「NTTコム リサーチ」として新たに生まれ変わりました。

「gooリサーチ」から「NTTコム リサーチ」への名称変更に加え、モニター基盤の統合および拡大と、属性の刷新を行います。さらなるサービスの強化に努め、これまで以上に「高品質な調査結果」をご提供してまいります。

モニター基盤の統合および拡大と、登録属性の刷新

「消費者モニター」「ビジネスモニター」をはじめ、調査目的や手法ごとに複数存在していたモニターをひとつに統合、「NTTコム リサーチモニター」として新たに属性を取得しなおします。
また、これまで認めていなかった家族会員の登録も可能とし、新規登録キャンペーン等を実施するとともに、新たに「OCNアンケートモニター」を統合することで、モニター基盤のさらなる拡大を目指します。

統合・拡大:NTT コムリサーチのモニター基盤は、goo リサーチの消費者モニター(ビジネスモニターとモバイルモニター)と郵送モニター、Potora のPotora 会員(旧ナビスペース)、そしてOCN のアンケートモニターと新規モニター登録や家族会員・紹介を統合して拡大します。

「NTTコム リサーチモニター」の特徴

■事前登録属性のスリム化

モニター基盤ごとに約40~50項目取得していた属性を、普遍的なもの・よく利用するものだけ20項目程度に厳選したことで、より使いやすく、登録しやすくなりました。

■家族会員の登録も可能

同一世帯からの重複登録を可能にしたことで、モニター数増加につながり、調査対象者の幅が広がります。もちろん、これまで同様、一世帯一票チェックも可能です。

■B2B向け調査モニターを強化

これまで別パネル化していたビジネスモニターを統合し、抽出条件で対応できるようにしました。これにより、B2B向け調査に対応できるモニター数が拡大します。もちろん、一企業一票にも対応いたします。

■モバイル調査や郵送調査、トライアルにも対応

モバイルデバイスで回答できるモニターをパネル化。郵送調査、トライアル調査への参加意向者も、それぞれパネル化しました。

サービスラインナップ

Webアンケートはもちろん、調査企画から実査、報告書作成までのトータル支援もご用命ください。

企画

<調査デザイン・設計>

課題の抽出、仮説の設定、調査手法の策定、調査項目の設計

⇒アナリストやリサーチャーが専任で課題解決に向け適切な調査をプランニングし、トータルで支援いたします。
 調査結果を左右する設計は、プロのリサーチャーがこれまで培ったノウハウを生かして担当いたします。

実査

<Webアンケート>

専任リサーチャーが営業から実査・納品までを一貫して担当する、高品質でホスピタリティの高いデータサプライです。

モニター向けアンケート

「NTTコム リサーチ・ライト」「NTTコム リサーチ・コンシューマ」
「NTTコム リサーチ・ビジネス」「NTTコム リサーチ・二段階調査」
⇒消費者調査、ビジネスパーソンを対象としたB2B向け調査 等

クライアント様の顧客リストなど、NTTコム リサーチモニター以外の対象者向けのアンケート

「NTTコム リサーチ・ASP」「NTTコム リサーチ・オープン調査」
⇒顧客満足度調査(CS)、従業員満足度調査(ES) 等

モバイルアンケート

「NTTコム リサーチ・モバイル」
⇒スマートフォン等モバイル端末で回答できるモニターを対象としたアンケート

グローバル調査(海外調査)

「NTTコム リサーチ・グローバル調査」
⇒世界86カ国で国内同様の調査を実施

<インタビュー調査>

・グループインタビュー
・パーソナルインタビュー

<その他調査手法>

・会場調査(CLT)
・郵送調査
・文献調査

<トライアル調査>

・ホームユーステスト(HUT)
・プロモーション
分析

<調査結果レポート>

クロス集計、多変量解析、テキストマイニングなど、各種分析手法を用いたレポート作成

⇒収集した調査結果をもとに、プロのリサーチャーが結果を分析します。報告会の実施や報告書の製本も承ります。

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2017 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation