「データ×分析」をBIツールで実現!

データの収集・構築から分析、可視化まで、顧客データを簡単にビジネス活用

4method(フォーメソッド)は、顧客分析からデータのトラッキングまで、分析結果をBIツールで可視化し、継続的に改善活動を実現するためのパッケージサービスです。

さまざまな顧客ニーズにお応えします

顧客満足度の向上

NPS®の向上

リピーターの増加

離脱の抑制

単価アップ

アップセル または クロスセル

利用頻度向上

閑散期の集客向上
「データ×分析」をBIツールで実現する4method

顧客分析の課題と4methodの有効性

お客様が保有している顧客データをビジネスに活用したいという、さまざまな顧客ニーズにお応えします。

顧客分析においてデータ活用の必要性は分かっていても、こんなお悩みはありませんか?

  • 分析に必要なデータが揃っていない
  • 課題や仮説を設定できていない
  • 改善施策の効果測定ができていない
  • 課題解消に向けたアクションに繋がっていない
  • 社内共有による協力を仰げていない
  • そもそも分析できる時間や人材がいない

いろんな課題が山積みで、実際にデータ運用のルーティン化がされていないという状況に直面している、そんな方にオススメするのが4methodです。

4methodは、「データの収集・構築から分析・可視化」までを簡単に実現することで、顧客データを迅速にビジネス活用するためのパッケージサービスです。

method1

データの収集

お客様の顧客データ(会員情報や購入履歴など)をベースとし、Webアンケートシステムを使ったデータ収集、当社保有の消費者パネルを利用したデータ収集など、さまざま方法で「使えるデータ」を収集します。

アンケート回答に適したアンケートシステム

アンケート回答に特化したアンケート専用システムを用いて、データ収集を行います。回答しやすいよう、アンケート画面は、ユーザーの端末(デバイス)によってマルチデバイス対応しています。

当社のリサーチノウハウを用いて、顧客データをさらにリッチに

アンケート

長年培われた当社のリサーチノウハウや仕組みを用いてアンケートを実施し、その結果をアップデートすることが可能です。

消費者モニターとのデータマッチング

当社の厳格に管理されているモニター情報のうちデモグラフィックな属性を、ID連携により紐づけてご提供することが可能です。

既存データのアップロード

御社保有のデータ(売上・POS・CV、会員属性、購入履歴、過去のアンケート結果、お問合せ内容など)を随時アップロードすることが可能です。

method2

データの構築

190か国の100万以上に利用されている「アマゾン ウェブ サービス(AWS)(別ウィンドウで開く)」を導入することで、セキュアで安定したクラウド環境をご提供します。

クラウドの力を借りたセキュリティでデータを保護

お客様のデータを保護するため、AWSデータセンターを利用することで、最高のセキュリティ基準を維持できます。また、クラウドなので、サーバーや他のITインフラストラクチャを計画・調達する必要がなく、迅速に結果を出すことができます。

グローバルに利用されているクラウドを採用

低価格

AWSは従量制料金を適用しています。実際に使用した分の料金のみで利用でき、スケーラブルなので必要な量のリソースを確保できます。

専用のクラウド

クラウドだからスピード導入が可能。また事前の投資なしで必要なセキュリティを獲得でき、オンプレミス環境よりも初期コストや運用コストの削減が可能です。

セキュアな環境

AWSを利用することで、最も厳しいセキュリティ要件を満たすよう構築されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。

method3

データの分析

現状から将来を予測し、重要な課題はどこなのかを分析で明らかにします。仮説を立てることで問題点を洗い出し、分析の軸となるテーマを決めて深堀していきます。テーマ分析の各要因(factor)を分類し、そのギャップを把握します。分析結果をもとに、目標を達成するための指標(KPI)を設定します。潜在層と顕在層などさまざまなユーザー状態を分類し、施策を打ちたいユーザーをツールから簡単に抽出できます。

データアナリティストによる、目的を達成するコンサルティング

当社のデータアナリティストが、BIツールの設定をします。改善に向けた意味のある指標だけを残し、今後追うべき指標は何かを明確にします。複雑な設計はせずとも、BIツールを運用するだけでKPI(指標)を追跡できます。

御社のニーズに合わせ、さまざまな分析手法をチョイス

アソシエーション分析

商品やサービスの関連を分析する手法です。ある商品の購入時に同時に買う商品の購入パターンや購入履歴などから分析します。ECサイトなどでよく使われます。

クラスター分析

対象者を類似性によりグループ(クラスター)に分類し、その特徴やボリュームを分析する手法です。顧客セグメンテーションやブランディングなどに使われます。

ロジスティック回帰分析

質問に対する答えを「あり」「なし」で集計し、事象の発生確率を予測する手法です。キャンペーン反応率や商品購入率などの予測に使われます。

決定木分析

ツリー構造で要因を分析します。段階的にデータを分割していき、分析結果を出す手法です。マーケティングやリスクマネジメントなどに使われます。

主成分分析

多くの要因(変数)の中から、より少数の要因(主成分)に要約・集約する分析手法です。消費者特性分析、ブランドポジショニング分析などに使われます。

method4

見える化

データがビジュアル化されているため分かりやすく、ダッシュボードを利用して、誰とでもデータから導き出された課題を共有することができます。

簡単で使いやすい、セキュアなデータ分析プラットフォーム

クラウド上で共有できる「Tableau (別ウィンドウで開く)」は、簡単で使いやすい分析プラットフォームです。社内のオンプレミスに存在していたデータ環境をクラウドへ移行。データ共有を可能にすることで、次へのアクションを即時に判断することができます。

BIツールで分かりやすく可視化された分析結果だから、意思決定が容易に

BIツールの有用性

自社の強み・弱みの把握、顧客ニーズの探索、製品テストへの協力、プロモーションの効果測定などが、ビジュアル化され、現状の課題が一目で分かります。

意思決定までがスピーディーに

Tableauなら、インタラクティブなダッシュボードをセキュアに共有し、常に最新のデータを取得しインサイトを明確に把握できるため、充分なデータに基づいて決断を下せます。

スケジュール

Webアンケートと組み合わせた場合のスケジュール例です。

20営業日

アンケート設計
※お客様からのヒアリング期間を含んだ日数です

5営業日

アンケートweb作成

5営業日

レポート画面作成
※サンプルデータにて作成

 

アンケート実施
一日一回データ更新
※アンケートデータのダウンロード可能

「データ×分析」をBIツールで実現する4method