ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

調査結果

公開中の調査結果

RSS

働く 共同調査 東京理科大学, 東京大学との共同調査

AI搭載の自動運転車が社会にもたらす効果に対する期待度については、4カ国とも「高齢者・障害者の移動支援」「効率的な運転による燃料費の節約」「重大事故の減少」の3点が高く、日本が最も期待が高い傾向です。しかし自動車の所有者が自動運転機能を搭載した車に追加で支払う価格を聞いた結果では、米国・英国・スウェーデン人は、現在の車の購入価格の約半額までなら追加で支払う意欲がある一方、日本人は現在の車の購入価格の1/4程度の価格しか追加で支払う意欲がないことがわかりました。日本の消費者は他の3カ国に比べて、先端技術に対する期待はより強いものの、先端技術を用いた新しい商品の安全性に対する不安感が高いという結果となっています。

タグ: . . . . . .

地域ブランド調査のアイキャッチ 住む

共同調査 NTTデータ経営研究所との共同調査

地域ブランド調査

住みたい&観光で訪れたい市区町村は、いずれも札幌が1位

住みたい地域、訪問したい地域については都道府県や特定のエリアでのランキングではなく、全国市区町村を対象に「住みたい」と思われている地域、「観光で訪れたい」と思われている地域・スポットに関して実施しました。住みたい&観...

大学のオープン化に関する調査結果(2018年)のアイキャッチ 学ぶ

共同調査 日本オープンオンライン教育推進協議会との共同調査

大学のオープン化に関する調査結果(2018年)

学び直しのニーズがじんわり上昇中 –MOOCは多様化する学習に効果的–

国内のMOOCの受講者は約91万人で、学習場所や時間に捉われず、スマホ・タブレット等の活用で好きな時に学ぶ利用者が増えています。学生時代に専攻した科目の「学び直し」経験者は40.5%と半数以下ながら、昨年比で18.2ポイントも増え「学び直し」のニーズの増加が伺えます。学習の希望分野に「ビジネス・実学系」が男性の上位を独占したことや、「学び直し」理由に「将来のキャリアアップのために必要だから」が上昇したこと等、自己研鑽を目的とした受講者が増えており、今後の成長の可能性が予想されます。

清涼飲料水の自動販売機での購入に関する調査結果のアイキャッチ 食べる

共同調査 実践女子大学との共同調査

清涼飲料水の自動販売機での購入に関する調査結果

拡大する電子マネー利用、未来の自販機には買物ログやライフログとの連動を期待

自販機で清涼飲料水を購入する際に交通系電子マネーの利用が、首都圏では約6割の結果となり、スマホ連動のサービスを提供する新型の自販機も増加中で、今後の自販機の利用率向上が期待されます。購入促進を実現するには「ゲーム性」や「多様性」「利便性」の充実が、さらに未来の自販機には、「コンビニ」化とスマホアプリとの連動で過去の購入履歴や、自分の体調、購入した食べ物とのバランスを考慮した商品のお奨めをしてくれる「レコメンデーション+α機能」を期待する意見が伺える結果となりました。

調査結果一覧

自主調査結果ピックアップ

従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査のアイキャッチ 働く

従業員を対象にしたNPS(eNPS)の業界別ベンチマーク調査

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは企業規模別で異なる

eNPS(自社推奨度)の業界ごとのスコアは、小規模の事業者と特に中規模の事業者で、自社推奨度との相関が高いものの、満足度が平均よりも低い「改善を要する」項目が多く挙がった。特に「将来像・キャリアプラン」の満足度の改善は、小規模と中規模の事業者の共通の課題であることがわかった。

スマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査のアイキャッチ 伝える

スマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査

月間データ通信量1GB未満の人は約7割。MVNO事業者の格安SIM利用率は3.2%。

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、ライフスタイルに大きな変化が起きています。その利用実態を調査するために、1,538名から回答を得ました。調査の結果、半数を超える人が自宅でWiFiを使ってデータ通信をする環境が整っているものの、月間のデータ通信量は1GB未満と少なく、月額料金を81.2%が高いと感じています。一方、最近注目を集めている「格安SIMカード」については、7割以上が「サービス内容を知らない」とあまり認知が進んでいない結果になりました。

自主調査結果一覧

調査結果について

最新のIT動向や消費行動についてのアンケート結果や、時事・トレンドの調査レポートを公開しています。データストアにて調査データを無料で提供してる調査結果もあります。NTTコム リサーチの調査結果を研究・レポート等にお役立てください。

自主調査 自主調査

NTTコム リサーチが独自で企画・実施したアンケート調査の調査レポートです。
出典を明記していただければ、自由にご活用いただけます。

  • 「NTTコム リサーチ」調べ:出典「NTTコム リサーチ」
  • 「gooリサーチ」調べ:出典「NTTコム リサーチ(旧gooリサーチ)」
共同調査 共同調査

大学やメディア等と共同で企画・実施したアンケート調査結果です。
調査結果の転載等につきましては、事前にお問合せください。

トレンド トレンドレポート

消費行動パターン(食べる、住む、学ぶ、暮らす、生きる、働く、費やす、遊ぶ、気になる、流行る・廃る、伝える、守る、病む)に分類し、“旬のテーマ”についての分析・見解をショートレポートの形でご提供しています。

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

  • Twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • 大学・学術機関との共同調査結果
  • NPSベンチマーク調査 結果レポート
  • アンケートモニター募集中
プライバシーマーク

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

上へ戻る