ネットリサーチは、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチ

働き方改革 2018のアイキャッチ

働き方改革 2018

共同調査 働く ダウンロード

テクノロジーの活用と労働時間に対する意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTコム リサーチ と NTTデータ経営研究所 による共同企画調査

働き方改革の取り組み状況とその効果、RPAなどのテクノロジーの活用やHRテックに対する意識について調査を行いました。また、 「働き方関連法」により日本の労働慣行が大きな転換点を迎えると言われていますが、その論点である「残業時間の上限規制」や「脱時間給制度(高度プロフェッショナル制度)」に関連する「労働時間」や「労働時間の長短によらず、成果に基づいて報酬が支払われる働き方」についても調査しました。

働き方改革に取り組む企業は年々増加し、今年度は38.9%。また、働き方改革の効果について、働き方改革に取り組んでいる企業の従業員は、エンゲイジメントされている環境で働きがいを高めています。本調査の結果から、成果をきちんと定義しサポート体制を作りながら、成果に基づいた働き方の検討を行う価値はあると思われます。

株式会社NTTデータ経営研究所はNTTコム リサーチ登録モニターを対象に「働き方に関する調査」を実施しました。働き方改革の取り組み状況を2015年より毎年実施しています。

従業員満足度調査(ES調査)を簡単にはじめるなら ES-Quick

企業の成長は従業員エンゲージメント(eNPS)の向上がカギ

eNPS調査を手軽に実施できます。マーケティングリサーチ会社として培った長年の実績とノウハウをパッケージ化することで、「選択式で簡単に作れるWebアンケート」「グラフ化されて、ポイントが分かりやすく明記された結果レポート」を実現しました。

「ES-Quick」について詳しく

<調査概要>

  • 実施期間: 2018/06/20~2018/06/25
  • 有効回答数: 1,100

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

上へ戻る