インターネット調査は、NTTグループの信頼と実績 NTTコム リサーチへ

カードローン借入にいたる消費者行動調査のアイキャッチ

カードローン借入にいたる消費者行動調査

共同調査 費やす ダウンロード

借入先を金利で選ぶケースは限定的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTコム リサーチ と NTTデータ経営研究所 による共同企画調査

カードローン借入先の選択に際しては、借入金利の低さが最も重要な要素であるといわれていますが、過去の事例をみると適用金利の低下によるカードローン残高・シェア増大への影響は認められません。

そこで、カードローン契約申し込み前の状況と、カードローンの契約にいたるプロセスを把握した上、各プロセスにおける意思決定要因を調査し、過去のカードローン借入経験の有無や資金需要の種類によって、どのような要因がカードローン借入先選定時に重視されるポイントになるのかと、それぞれの金融機関がどのような要因から借入先候補として選定されているのかについて、株式会社NTTデータ経営研究所は「NTTコム リサーチ」登録モニターを対象に調査を実施しました。

<調査概要>

  • 実施期間: 2017/12/05~2017/12/11
  • 有効回答数: 1,076

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

上へ戻る