インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

お見積・資料請求・お問合せ
パーソナルデータに関する一般消費者の意識調査のアイキャッチ

パーソナルデータに関する一般消費者の意識調査

2016/11/22共同調査 [伝える]ネットワーク・IT データストアあり

消費者は意に沿わないパーソナルデータの活用へは不快感を示す一方、パーソナルデータに関連した安心安全なサービスへは高いニーズがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTコム リサーチ と NTTデータ経営研究所 による共同企画調査

これまで企業側がパーソナルデータを収集・保有し、パーソナルデータを用いて顧客ターゲティング広告などビジネスに活用してきました。しかし、消費者の意に沿わない活用の仕方によって、不要な電話がかかってきたり、被害を被ることすらあります。
こうした中、欧米では「パーソナルデータの管理は個人が行うべき」と企業の顧客管理から個人の企業管理へと転換がなされようとしています。

株式会社NTTデータ経営研究所は、 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が提供する「NTTコム リサーチ」登録モニターを対象に、「パーソナルデータの活用に関する一般消費者の意識調査」を実施しました。

<調査概要>

  • 実施期間: 2016/08/16~2016/08/19
  • 有効回答数: 1,059

この調査結果の集計結果などを無料にて提供しています。

タグ: .

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2017 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation