インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第2回 携帯電話・スマートフォンの買い替えに関する調査のアイキャッチ

第2回 携帯電話・スマートフォンの買い替えに関する調査

共同調査 伝える Download

キャリアに対する不満の大半は「料金の高さ」―定期調査「新々携帯電話/スマホ買い替え」(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTコム リサーチ と インターネットコム による共同企画調査

このレポートは、インターネットコムNTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「新々携帯電話/スマホ買い替え」について調査した第2回である。

調査対象は全国10代~50代以上のインターネット ユーザー1,081人。男女比は男性54.4%、女性45.6%。年代比は10代2.1%、20代26.6%、30代21.7%、40代17.6%、50代以上31.9%。

まず、どのようなモバイル端末が利用されているか調べてみた。「主に利用している端末」の種類を尋ねたところ、「携帯電話」が39.6%(前回43.1%)、「スマートフォン」が56.1%(同51.9%)。携帯電話からスマートフォンへの移行が、ペースは遅くなったものの着実に進んでいるようにみえる。

キャリアに対する不満の大半は「料金の高さ」―定期調査「新々携帯電話/スマホ買い替え」(2)
Q:現在、主に利用している端末は以下のどれですか
(2015/1/19~1/23 10代~50代以上のインターネットユーザー1,081人)

キャリア各社は新規顧客の獲得やユーザーの引き留めを図り、さまざまな料金プランや割引キャンペーンを展開している。ただし、顧客を新たに獲得することが重要なため、既存ユーザーに対する優遇策が見劣りするように感じる。そこで、携帯電話/スマートフォン/PHS を利用していて、契約中のキャリアに何らかの不満を抱いている578人(キャリア契約者の55.5%、全体の53.5%)に対し、不満の内容を質問した。

その結果、既存顧客の不満は「通話料金が高い」(59.2%)と「パケット料金」(51.2%)が非常に多く、3番目の「つながりにくい切れやすい」(15.2%)を大きく引き離した。つまり、不満は料金の高さに集中している。

Q:どのような(契約キャリアに対する)不満ですか
Q:どのような(契約キャリアに対する)不満ですか
(2015/1/19~1/23 10代~50代以上のインターネットユーザー1,081人中、契約キャリアに不満のある578人)

しかし最近は、テレビのニュースで SIM ロックフリー端末と比較的安価な MVNO サービスの組み合わせる"格安スマホ"が取り上げられたり、端末の SIM ロック解除がキャリアに義務化される方向になったりと、料金節約の新たな波が起きてきた。また、ここに来て NTT ドコモが自社の携帯電話回線と NTT 東日本/西日本の FTTH(光)回線をセット提供して各種割引を適用する「ドコモ光」サービスを打ち出した。これは大きな波を起こすだろう。

こうした割安な料金体系のサービスが増えると、キャリアに対する不満の内容も変化するかもしれない。

<調査概要>

  • 実施期間: 2015/01/19~2015/01/23
  • 有効回答数: 1,081

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: .

上へ戻る