インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

「株式投資とソーシャルメディア」に関する調査のアイキャッチ

「株式投資とソーシャルメディア」に関する調査

自主調査 費やす Download

Twitterの情報が投資判断に影響、2割弱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ 2013年9月11日

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

gooリサーチ結果 (No.216)

「株式投資とソーシャルメディア」に関する調査

~Twitterの情報が投資判断に影響、2割弱~

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江)が運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」(*)は、「株式投資とソーシャルメディア」について、全国の20代~70代の男女を対象にアンケートを実施しました。有効回答者数は596名でした。

総括

アベノミクスで株式市場が活況な中、株式投資とソーシャルメディアの利用実態について調査を行いました。

ソーシャルメディアが投資判断に与える影響についてたずねたところ、Twitterの情報が投資判断に影響しているとの回答が2割弱となりました。影響を受けている個人投資家の投資スタイルをみると、取引頻度は週に1回以上が3割台半ばと高く、リスク性の高い信用取引を行っている割合が2割と多い傾向にあります。また、年代別でみると、20-30代が4割強と多く、若い世代がTwitterの情報を投資判断に活用しながら積極的に取引を行っている様子が伺えます。

一方、今後の投資意向については、安定志向の維持が約5割を占め、積極的な売買意向に対して34.9ポイントの差をつけており、アベノミクス相場に対する慎重な姿勢がみてとれます。

調査概要

1. 調査対象 「gooリサーチ」登録モニター
2. 調査方法 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間 2013年6月6日(木)~2013年6月12日(水)
4. 有効回答者数 596名
5. 回答者の属性 【性別】
男性:72.7%、女性:27.3%

【年代】
20代:3.9%、30代:22.7%、40代:26.2%、50代:26.0%、60代:17.4%、70代以上:3.9%

《 補足 》

(*1)【 gooリサーチ 】 http://research.goo.ne.jp/
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(http://www.nttcoms.com/)が企画・実査・集計を行う、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。
gooリサーチの厳しい管理基準をクリアした「gooリサーチ・消費者モニター」(73.6万人)、キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(8.8万人)、携帯電話でアンケートに答える「gooリサーチ・モバイル」モニター(15.1万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.4万人)を含め、自社保有パネルとして国内最大級の延べ217万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、さまざまな市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数は2013年9月現在)

<本調査に関するお問い合わせ先>

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ビジネスインテリジェンス本部
(Tel)03-4330-8402 (FAX)03-4330-8900
(E-mail) research-info@nttcoms.com

調査結果のポイント

(1) 株式取引経験者の2割強がTwitterを利用、投資関連の投稿経験は2割強

株式取引を行っている人のソーシャルメディア利用状況は、「facebook」が約3割と最も多く、「Twitter」は2割強であった。投資関連についてソーシャルメディアへ投稿した経験は、「ブログ」が3割強でトップ、次いで「Twitter」が2割強となった。【図1】【図2】

(2) Twitterの情報が投資判断に影響、2割弱

Twitterの情報が投資判断に与える影響についてたずねたところ、「影響すると思う+やや影響すると思う」が2割弱となった。Twitterに影響を受けている個人投資家の特徴をみると、週1回以上の取引が3割台半ばと取引頻度が高く、約2割がリスク性の高い信用取引を行っている。また、20-30代の若い世代が4割強を占め、Twitterの情報を投資判断に活用しながら積極的に取引を行っている様子が伺える。【図3】【図4】【図5】【図6】

(3) 閲覧している投資関連情報サイトは「Yahoo!ファイナンス」が6割弱でトップ

株式取引を行う際に閲覧している投資関連情報サイトは、トップが「Yahoo!ファイナンス(無料版)」で6割弱を占めた。個人投資家向けソーシャルメディアである「みんなの株式(14.9%)」が既存メディアをおさえ3位に挙げられた。【図7】

(4) 今後の投資意向は「安定志向を維持する」が約5割

今後の投資意向では、「安定志向を維持する」が約5割で最も多く、「積極的に売買を行いたい(15.6%)」に34.9ポイントの差をつけた。アベノミクス相場においても慎重な姿勢がうかがえる。【図8】

調査結果データ

(1) 株式取引経験者の2割強がTwitterを利用、投資関連の投稿経験は2割強

株式取引を行っている人を対象にソーシャルメディアの利用状況をたずねたところ、「facebook(32.6%)」が最も多く、「Twitter」(23.2%)、「LINE(16.9%」が続いた。【図1】

また、投資に関わる事柄(取引商品、取引状況、証券会社等)についてソーシャルメディアで投稿したことがある割合は、「ブログ(33.0%)」がトップで、次いで「Twitter(23.9%)」、「mixi(21.7%)」となった。【図2】

【図1】ソーシャルメディアの利用状況(複数回答)

【図1】ソーシャルメディアの利用状況(複数回答)

【図2】投資関連についてソーシャルメディアへの投稿経験の有無(単一回答)

【図2】投資関連についてソーシャルメディアへの投稿経験の有無(単一回答)

(2) Twitterの情報が投資判断に影響、2割弱

Twitterの情報が投資判断に与える影響についてたずねたところ、「影響すると思う(3.7%)」と「やや影響すると思う(13.8%)」が2割弱となった。

【図3】Twitter上の口コミによる投資判断への影響(単一回答)

【図3】Twitter上の口コミによる投資判断への影響(単一回答)

Twitterに影響を受けている個人投資家(「影響している+やや影響していると思う」)の特徴を年代別でみると、「20代(5.8%)」と「30代(35.6%)」が4割強を占めた。【図4】

投資スタイルでみると、取引頻度は週1回以上が34.5%と高い傾向にある。【図6】

また、リスク性の高い信用取引による保有状況は20.2%となり、「影響しない+やや影響しないと思う」人に比べて9.7ポイント高い。【図6】

若い世代が、Twitterの情報を投資判断に活用しながら、積極的に取引を行っている様子が伺える。

【図4】年代別Twitter上の口コミによる投資判断への影響(単一回答)

【図4】年代別Twitter上の口コミによる投資判断への影響(単一回答)

【図5】取引頻度(単一回答)

【図5】取引頻度(単一回答)

【図6】信用取引による保有状況(単一回答)

【図6】信用取引による保有状況(単一回答)

(3) 閲覧している投資関連情報サイトは「Yahoo!ファイナンス」が6割弱でトップ

株式取引を行う際に閲覧している投資関連情報サイトについてたずねたところ、トップは「Yahoo!ファイナンス(無料版)」で6割弱を占め、次いで「日経電子版(34.1%)」となった。個人投資家向けソーシャルメディアである「みんなの株式(14.9%)」が既存メディアをおさえ3位に挙げられた。

【図7】閲覧している投資関連情報サイト TOP10(複数回答)

【図7】閲覧している投資関連情報サイト TOP10(複数回答)

(4) 今後の投資意向は「安定志向を維持する」が約5割

今後の投資意向では、「安定志向を維持する」が50.5%で最も多く、「積極的に売買を行いたい(15.6%)」に34.9ポイントの差をつけた。アベノミクス相場においても慎重な姿勢がうかがえる。

【図8】今後の投資意向(単一回答)

【【図8】今後の投資意向(単一回答)

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る