インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

クリスマスケーキに関する調査のアイキャッチ

クリスマスケーキに関する調査

みんなの平均的なクリスマスケーキはいくら?

共同調査 伝える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

今年もクリスマスがやってきたが、その過ごし方はどうしているだろうか。自宅でクリスマスパーティーという方も少なくないと思うが、その際に欠かせないのがクリスマスケーキ。定番のチェーン店や人気のケーキ専門店、手作りケーキと選択肢はたくさんあるが、インターネットユーザーはどのようなケーキを選んでいるのだろうか。

そこで、インターネットコムとgooリサーチでは、「クリスマスケーキ」に関する調査を行い、データをまとめた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,088人。男女比は男性52.9%、女性47.1%。年代比は10代16.4%、20代18.1%、30代21.8%、40代16.2%、50代15.5%、60代以上12.0%

まずは、昨年のクリスマスでクリスマスケーキをそもそも用意したかどうか、回答者全員に質問した。

「用意した」と答えたユーザーは、62.9%(684人)だった。半数以上のインターネットユーザーは、クリスマスを自宅でケーキを用意して過ごしていたことが分かる。

つぎに、クリスマスケーキを用意していた684人に、どうやって用意したのか質問したところ、これには、大半を占める546人(79.8%)が「市販のケーキを買った」と回答した。やはり、手間がかかる「手作り」(105人、15.4%)を選ぶユーザーは少数派であるようだ。

では、多くのユーザーが利用していた市販のケーキは、どのくらいの予算でどこで買っているのだろうか。市販のケーキを購入していた546人に質問した。

ケーキの予算についての質問に最も多かった回答が「2,000円以上5,000円未満」(359人、65.8%)で、それに続いたのが「1,000円以上2,000円未満」(134人、24.5%)だった。大切な記念日として、クリスマスケーキには少し贅沢するというのが、一般的な相場となっているようだ。

どこで買ったかについては、「ケーキ専門店」(270人、49.5%)が最も多く、「ケーキ専門のチェーン店」(136人、24.9%)、「コンビニ・スーパー」(93人、17.0%)が続いた。

調査から、インターネットユーザーの一般的なクリスマスケーキは、「手間のかかる手作りは避けるけれど、記念日なので少し奮発して、こだわりの専門店で購入」というものであるようだ。

<調査概要>

  • 実施期間: 2012/12/10~2012/12/12
  • 有効回答数: 1,088

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

上へ戻る