インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

お見積・資料請求・お問合せ

調査結果

映画館での映画鑑賞に関する調査のアイキャッチ

映画館での映画鑑賞に関する調査

映画選びの基準は「好きな俳優・原作」の作品であること、「1000円」までの値下げで鑑賞回数「増える」が5割強

2012/06/15自主調査 [遊ぶ]余暇・旅行 データストアあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ 平成24年6月15日

NTTレゾナント株式会社

gooリサーチ結果 (No.209)

「映画館での映画鑑賞」に関する調査結果

~映画選びの基準は「好きな俳優・原作」の作品であること、
「1000円」までの値下げで鑑賞回数「増える」が5割強~

NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)が運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」(*1) とポータルサイト「goo」で提供している映画情報サイト「goo映画」(*2)は、「映画館での映画鑑賞」について、全国の10代~70代の男女を対象にアンケートを実施しました。有効回答者数は3,189名でした。

総括

2011年の日本の映画興行収入は、対前年比で約2割の減収の1812億円(日本映画製作者連盟調べ)となりました。映画館の入場者数が減少した要因は何か、映画館での映画鑑賞の「いま」を把握するアンケート調査を実施しました。

直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人は全体の5割弱でした。その中でも20代以下の女性の鑑賞率は6割と高く、逆に60代以上のシニア層の鑑賞率は3~4割と低い傾向にあります。観られている映画のジャンルは「邦画」が「洋画」を上回っており、邦画を好む理由の上位には「気に入っている俳優・原作」などが挙げられていました。

また、今回の調査結果では、「映画鑑賞本数が減った」が「増えた」を上回り、減った理由は観たいと思える「コンテンツの不足」が4割弱で最も多く挙げられました。映画観賞回数の増減と映画料金の関連について、値下げすることにより「鑑賞回数が変化するか」の設問に対し、「1500円」で「増える」と回答したユーザーは2割に留まったのに対し、「1000円」では5割強になりました。特に映画館で1年間に複数本の映画を観るユーザーでは「1000円」で「増える」が7割に達し、映画料金の値下げは鑑賞回数の増加に効果ありの可能性がうかがえました。

近年各映画配給会社がTwitterを始めとするソーシャルメディアを活用したプロモーションに力を入れていますが、現時点ではユーザーのソーシャルメディアによる映画クチコミ情報の収集は限定的でした。一方で、クチコミ情報を発信する際に活用するサイトは「Twitter」が4割など、ソーシャルメディアが上位であることが明らかになりました。

調査概要

1. 調査対象 「gooリサーチ」登録モニター
2. 調査方法 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間 2012年5月23日(水)~2012年5月28日(月)
4. 有効回答者数 3,189名
5. 回答者の属性 【性別】
男性:49.8%、女性:50.2%

【年代】
10代:14.3%、20代:14.1%、30代:14.5%、40代:14.3%、50代:14.6%、60代:14.4%、70代:13.8%

《 補足 》

(*1)【 gooリサーチ 】 http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントが企画・実査・集計を行う、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。
キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(8.8万人)、携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター (14.2万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.5万人)を含め、延べ711万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数は2012年6月現在)

(*2)【 goo映画 】 http://movie.goo.ne.jp/
映画作品情報4万件、人名24万件を持つポータルサイト「goo」で提供する映画情報サイト。全国600館3000スクリーンの上映スケジュール、月間600本以上を配信する最新映画ニュース、「教えて!goo」と連携した3万件の映画Q&Aなど、幅広い映画情報を提供しています。
ブログに書かれた映画の感想を解析する「ネットの評判」、Web上の試写会情報を一括で検索できる「試写会検索」など、「goo」の技術力を生かした検索機能は特色のひとつです。

<本調査に関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 広報担当
(Tel) 03-6703-6250、(E-mail) pr@nttr.co.jp

<gooリサーチに関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 リサーチ部門
(Tel)03-6703-6660、(FAX)03-5476-2582、(E-mail)research@goo.ne.jp

調査結果のポイント

(1) 直近1年以内に映画館で映画を観た人は5割弱。鑑賞率が高いのは女性若年層、低いのはシニア層。【図1】【図3】

直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人(以下映画館鑑賞者)は全体の45.3%であった。10代20代女性の映画館鑑賞者が特に多く、いずれも6割である。映画館鑑賞者が少ないのは、男女ともに60代以上のシニア層で3~4割であった。

(2) 邦画を好む理由の上位は「好きな俳優・原作」の映画だから。【図5】

直近1年以内に観た映画のジャンルは、邦画が洋画を大きく上回る。邦画を好む理由の上位は「好きな俳優が出演しているから」「好きな原作(小説・漫画)の映画で興味があったから」であった。

(3) 「3D映画」に対する否定派が支持派を上回る。【図7】

直近1年以内に3D映画を鑑賞した人は全体の13.6%であった。3D映画に対する意識として「3D視聴が好き」が全体の1割弱に対して「3D視聴が苦手」が全体の2割強で、3D映画支持派よりも3D映画否定派が多い。

(4) ソーシャルメディアによる映画クチコミ情報の収集は限定的。【図10】

ユーザーが映画を観る前、クチコミ情報を収集するために接触したサイトは「映画ポータルサイト」が6割強と突出して多く、ソーシャルメディアは1割前後に留まった。また、映画を観終わった後、ユーザーが感想等のクチコミ情報を発信する際に活用するサイトは「Twitter」(41.5%)をはじめとするソーシャルメディアが上位である。

(5) 映画館鑑賞本数が「減った」は3割。理由は「コンテンツの不足」。【図11】【図13】

直近1年以内とその前年の映画館鑑賞本数の変化は「増えた」が1割に対して「減った」が3割。減った理由は「観たい映画がなかったから」(37.7%)が最も多い。

(6) 映画の通常料金「1000円」で鑑賞回数「増える」は5割強。【図14】【図15】

映画料金値下げによる観賞回数に関する効果は今回設定した「1500円」「1000円」「800円」「500円」の4つの料金の中では、「1500円」と「1000円」の間に最も大きな変化がみえた。「1000円」で「回数増える」は5割強である。鑑賞本数別では「2~4本鑑賞」「5~11本鑑賞」のライト・ミドルユーザの1000円で「増える」が7割を超え、特に反応が強い。

(7) サマーシーズンに観たい映画は『踊る大捜査線 THE FINAL』。【図16】

今年の夏観たい映画の1位は『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(22.5%)であった。「12本以上鑑賞」のヘビーユーザでは『ダークナイト ライジング』(48.1%)が人気である。現在、世界各国で大ヒット中の『アベンジャーズ』はわずか3.6%に留まった。

調査結果データ

(1)直近1年以内の映画館で映画を観た人は5割弱。鑑賞率高いのは女性若年層で6割。

直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人(以下映画館鑑賞者)は全体で45.3%であった。【図1】なお、直近1年以内に視聴形態を問わず映画鑑賞をした人は全体の80.7%、そのうち映画館で映画を観た人は56.2%である。【図2】

性年代別にみると、10代・20代女性に占める映画館鑑賞者が特に多く、いずれも6割にのぼる。逆に映画館鑑賞者が少ないのは、男女ともに60代以上のシニア層である。【図3】

【図1】直近1年以内の映画館での映画鑑賞(単一回答)

【図1】直近1年以内の映画館での映画鑑賞(単一回答)

【図2】直近1年以内の映画鑑賞(単一回答)

【図2】直近1年以内の映画鑑賞(単一回答)

【図3】(性年代別)直近1年以内の映画鑑賞(単一回答)

【図3】(性年代別)直近1年以内の映画鑑賞(単一回答)

次に、直近1年以内に映画館で観た映画本数をみると、「1本」が26.1%と最も多く、観た人の1/4を占める。次いで「2本」が22.3%、「3本」が16.0%と続いた。「12本以上」のヘビーユーザは5.6%であった。【図4】

【図4】直近1年以内に映画館で観た映画本数(単一回答)

【図4】直近1年以内に映画館で観た映画本数(単一回答)

以降の分析軸として、ユーザ層を鑑賞本数に応じて「1本のみ」、「2~4本」(ライトユーザ)、「5~11本」(ミドルユーザ)、「12本以上」(ヘビーユーザ)の4つに分類する。

(2)邦画を好む理由の上位は「好きな俳優・原作」の映画だから。

直近1年以内の映画館鑑賞者が観た映画ジャンルについて邦画と洋画の区分で聞いてみると、「邦画のみ観た」が36.0%、「邦画と洋画どちらも観た」が43.2%、「洋画のみ観た」が20.9%となり、邦画鑑賞が洋画鑑賞を約15ポイント上回る結果となった。【図5】

性年代別でみると、男女ともに10代は「邦画のみ観た」が多い半面、「邦画と洋画どちらも観た」層が少なく、その差は10ポイントもある。また鑑賞本数別にみると、「1本のみ」観たユーザーの邦画鑑賞が66.1%に対して、洋画鑑賞は33.9%と、その差は顕著である。【表1】

【図5】直近1年以内の邦画と洋画の鑑賞比率(単一回答)

【図5】直近1年以内の邦画と洋画の鑑賞比率(単一回答)

【表1】(性年代別)直近1年以内の邦画と洋画の鑑賞比率(単一回答)

【表1】(性年代別)直近1年以内の邦画と洋画の鑑賞比率(単一回答)

近年、邦画が洋画の興行収入を上回っているが(日本映画製作者連盟調べ)、洋画よりも邦画が好まれる理由について「邦画のみ観た」ユーザーの回答から、洋画よりも邦画を好む理由がある人は8割程度で、その上位の理由は「好きな俳優が出演しているから」(31.5%)、「好きな原作(小説・漫画)の映画で興味があったから」(21.6%)となっており、「好きな俳優・原作」の映画であることが映画選びの大きな基準になっていることがうかがえる。【図6】

【図6】洋画よりも邦画を好む理由(複数回答)

【図6】洋画よりも邦画を好む理由(複数回答)

(3)「3D視聴が苦手」は全体で2割。支持派よりも否定派が多い。

「アバター」をはじめとする3D映画が大ヒットした一昨年。引き続き昨年も多くの3D映画が公開されたが、現在の3D映画はユーザーにどのように受け入れられているのか。直近1年以内の3D映画の鑑賞有無を聞いてみると、「3D映画を観た」人は全体の13.6%であった。【図7】

【図7】直近1年以内に3D映画を観たか(単一回答)

【図7】直近1年以内に3D映画を観たか(単一回答)

直近1年以内で3D映画を観ていない人を含めた全員に3D映画に対してどう感じているかを聞くと、「3D視聴が苦手」(22.3%)、「3D料金は高い」(28.0%)といった回答が上位となり、3D映画に対する肯定意見よりも否定意見が多い結果となった。【図8】

【図8】3D映画に対する意識(複数回答)

【図8】3D映画に対する意識(複数回答)

(4)ソーシャルメディアによる映画のクチコミ情報の収集は限定的。

近年、映画配給会社、興行会社がTwitter、Facebook等のソーシャルメディアを活用したプロモーションに力を入れている。映画館鑑賞者は映画のクチコミ情報にどのくらい接触しているのか。映画を観る前にインターネット上で接触する情報を他の映画情報と合わせて聞いてみると、「クチコミ(評判)・感想」の接触率は19.1%であった。【図9】

性年代別にみると、男女ともに20代と30代の「クチコミ(評判)・感想」の接触率が2割~3割で他年代と比べて高い。また、鑑賞本数別にみると、観る映画本数が多いユーザーほど、「クチコミ(評判)・感想」の接触率が高まる傾向があり、「12本以上鑑賞」のヘビーユーザーでは34.6%の接触率であった。【表2】

【図9】映画を観る前に見たサイト情報(複数回答)

【図9】映画を観る前に見たサイト情報(複数回答)

【表3】(性年代・鑑賞本数別)映画を観る前に見たサイト情報(複数回答)

【表3】(性年代・鑑賞本数別)映画を観る前に見たサイト情報(複数回答)

映画のクチコミ情報関して、ユーザーが見た(接触した)サイトとしては「映画ポータルサイト」が突出して多く62.0%であり、Twitterをはじめとするソーシャルメディアは10%前後に留まっている。一方で、クチコミ情報を発信したサイトとしては「Twitter」(41.5%)をはじめとするソーシャルメディアが上位を占めた。このことから、ソーシャルメディアは、ユーザーにとって映画クチコミ情報の「収集」よりも、「発信」ツールとしての利用の方が強いことがうかがえる。【図10】

【図10】映画クチコミ情報「接触」したサイト/「発信」したサイト(複数回答)

【図10】映画クチコミ情報「接触」したサイト/「発信」したサイト(複数回答)

(5)直近1年以内の映画館鑑賞本数「減った」は3割。理由は観たい「コンテンツの不足」。

直近1年以内とその前年の映画館鑑賞本数の変化をみると、「増えた」が10.3%に対して「減った」が29.9%と、「減少」が「増加」を約3倍も上回った。【図11】
一方で、視聴形態を問わない映画の鑑賞本数の変化をみると、「増えた」「減った」ともに2割で変わらず、映画自体を観る人の数は変化していない。映画を観る手段として映画館で映画を観る人が減ったことがうかがえる。【図12】

性年代別に「増えた」人と「減った」人の差をみると、男女ともに20代以下の若年層よりも、30代以上の層において「減った」が「増えた」を大きく上回っている。また鑑賞本数別にみると全体の半数以上を占める「直近1年以内に映画館で映画を見ていない」層の「減った」が4割を占めている。これは前年までは映画館で映画を観ていた人が直近1年以内では映画館で映画鑑賞をしなかった実態を表しており、直近1年の全体における映画館鑑賞の減少にも影響を及ぼしているとうかがえる。【表5】

【図11】直近1年以内とその前年の映画館での鑑賞本数の変化(単一回答)

【図11】直近1年以内とその前年の映画館での鑑賞本数の変化(単一回答)

【図12】直近1年以内とその前年の視聴形態を問わない映画の鑑賞本数の変化(単一回答)

【図12】直近1年以内とその前年の視聴形態を問わない映画の鑑賞本数の変化(単一回答)

【表5】直近1年以内とその前年の視聴形態を問わない映画の鑑賞本数の変化(単一回答)

【表5】直近1年以内とその前年の視聴形態を問わない映画の鑑賞本数の変化(単一回答)

映画館での映画鑑賞が減った理由をみてみると、「観たい映画がなかったから」が37.7%で最も多く、ユーザーにとって魅力的なコンテンツが不足していたことがうかがえる。【図13】
次に多い理由として「映画館まで足を運ぶのが面倒だから」、「自宅視聴のほうが楽だから」、「映画料金が高いから」が同率2割で挙げられており、映画館での鑑賞自体を億劫に感じている人と、映画料金の高さに不満を感じている人も一定層いることがわかる。
また今回の調査結果からは「震災で映画を観る気になれなかった」は5.1%で、震災による心理的影響は減った理由として大きくは表れなかった。

【図13】映画館鑑賞数が減った理由(単一回答)

【図13】映画館鑑賞数が減った理由(単一回答)

(6)映画の通常料金「1000円」で「回数増える」は5割強。年間複数本鑑賞者では7割超え。

映画館入場者数を増やす施策の1つとして「映画料金の値下げ」が挙げられるが、料金によって利用者の鑑賞回数意向はどう変化するのか。昨年、一時的に「TOHOシネマズ」が導入した「1500円」、サービスデーのみに適応される「1000円」、さらに安い「800円」、レンタルDVDの新作料金に近い「500円」の4つの料金で鑑賞回数の変化を聞いた。
「1500円」では「増える」が19.1%で、「変わらない」が8割と大半を占めるが、「1000円」では「増える」が55.3%で過半数を超え、「変わらない」を上回った。続いて「800円」では67.6%が「増える」、500円では77.5%が「増える」となった。今回設定した4つの料金の中では、「1500円」と「1000円」の間に最も大きな変化がみられた。【図14】

鑑賞本数別にみると、「1000円」で大きく変化する傾向は変わらないが、「2~4本鑑賞」「5~11本鑑賞」のライト・ミドルユーザの「1000円」で「増える」が7割を超え、特に反応が強い。また、800円で「増える」は年に2本以上鑑賞しているライト層以上のユーザでいずれも8割を超える。【図15】

【図14】映画料金値下げによる鑑賞回数の変化(単一回答)

【図14】映画料金値下げによる鑑賞回数の変化(単一回答)

【図15】(鑑賞本数別)映画料金値下げによる鑑賞回数の変化(単一回答)

【図15】(鑑賞本数別)映画料金値下げによる鑑賞回数の変化(単一回答)

(7)サマーシーズン観たい映画は「踊る大捜査線 THE FINAL」

今月より『アメイジング・スパイダーマン』の公開を皮切りに、サマーシーズンの大作映画が続々と公開される。昨年の映画館鑑賞本数が減った理由として、魅力的なコンテンツの不足が多く挙げられたが、今年の夏(2012年6月~9月中旬までに公開予定)に観たい映画は何か、全国公開される映画を中心に聞いてみた。全体の1位は『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(22.5%)であった。2位以降は『バイオハザードV リトリビューション』、『アメイジング・スパイダーマン』が続いたが、いずれも全体の10%程度の結果となった。鑑賞本数別にみると、「12本以上鑑賞」のヘビーユーザの『ダークナイト ライジング』(48.1%)の人気が目立つ。また、現在、世界各国で歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなっている、アメコミ映画『アベンジャーズ』はわずか3.6%に留まった。【図16】

【図16】2012年夏、観たい映画(複数回答)

【図16】2012年夏、観たい映画(複数回答)
NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の集計結果などを無料にて提供しています。

タグ: . . . . .

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2016 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation