インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

英語力に関するアンケートのアイキャッチ

英語力に関するアンケート

共同調査 働く Download

1000人調査でわかった!一番使える教材、裏切られた学習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と プレジデント による共同企画調査

【プレジデント・gooリサーチ共同】

英語力に関するアンケート

雑誌「プレジデント」とインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」は、「gooリサーチ」の登録モニターを対象にアンケート調査を実施しました。
今回の対象は、30代~50代までの就業者で、海外生活の経験がない、TOEICの受験経験者。英語力別に(今回はTOEICの最高スコアで「730点以上」「470~730点未満」「470点未満」の3つに大別)、自身と英語との関わり合い方や、その学習法などについて聞きました。有効回答数は1031名。

調査結果について

英語を使う機会については、TOEIC高得点者ほど、その機会が多く、730点以上の約6割が、仕事で英語を使っているという結果となった。
また会社員に絞って、英語力と職場での役職の関連をみると、高得点者であるほど、課長以上の管理職が多い傾向がみられた。
次に、現在取り組んでいる英語の勉強法としては、470点未満で最も多いのが「書籍の教材で学習」(52.6%)であるのに対して、730点以上の場合「英語の映画、ドラマ、ニュースを見る」(47.7%)が最も多い結果となった。

■ 英語を使う機会についてあてはまるものをお選びください。(n=1031)

■ 英語を使う機会についてあてはまるものをお選びください。(n=1031)

■あなたの役職について最もあてはまるものをお選びください。(n=901)

■あなたの役職について最もあてはまるものをお選びください。(n=901)

■ 現在取り組んでいる英語の学習法をすべてお答えください。(n=562 ※「特にない」を除く回答者)

■ 現在取り組んでいる英語の学習法をすべてお答えください。(n=562 ※「特にない」を除く回答者)

<調査概要>

  • 実施期間: 2011/02/10~2011/02/14
  • 有効回答数: 1,031

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る