インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

中高生の悩み事に関するアンケートのアイキャッチ

中高生の悩み事に関するアンケート

共同調査 学ぶ Download

中高生の心理パターン分析。数学が苦手な子は将来の夢を描けない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と プレジデントファミリー による共同企画調査

【プレジデント・gooリサーチ共同】

中高生の悩み事に関するアンケート

雑誌「プレジデントファミリー」とインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」は、「gooリサーチ」の登録モニターを対象にアンケート調査を実施しました。今回の対象は、全国の中学生と高校生。現代の中高生たちが抱える悩みについて、家族仲、友人関係、学業等、多岐に渡り聞いてみました。有効回答者数は800人で、通う学校の種類の内訳は公立校522人(65.3%)、私立校237人(29.6%)、国立校41人(5.1%)でした。

調査結果について

学校での必須科目である5科目について得意度を聞いてみると、国語が最も得意度が高く全体の6割近くが得意と答えた(「かなり得意」「まあ得意」を合わせて肯定評価)。逆に苦手な(「得意ではない」「それほど得意でもない」)科目は数学、理科、英語の3科目で、押し並べて6割近い結果となった。中でも数学は「得意ではない」という断定的な回答が3割を超えた。次に、現在抱える悩みについて聞くと、「勉強・学力の悩み」が最も大きく、半数近い結果となった。逆に、思春期(反抗期)と呼ばれる中、「親子関係の悩み」については「深刻」というのが16.3%、「悩んでいない/気にしていない」は58.9%という結果となり、親子関係は、他の悩みと比べると相対的に良好であるといえるようだ。

■ 学校での勉強科目についてどの程度得意か教えてください。

■ 学校での勉強科目についてどの程度得意か教えてください。

■ 現在の自分の悩みについて、その悩みの大きさについて教えてください。

■ 現在の自分の悩みについて、その悩みの大きさについて教えてください。

<調査概要>

  • 実施期間: 2009/11/11~2009/11/16
  • 有効回答数: 800

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る