インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

外部メモリーに関する調査のアイキャッチ

外部メモリーに関する調査

最も紛失率が高い外部メモリーは「USBメモリー」―外部メモリーに関する調査

共同調査 費やす ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

デジタルカメラや携帯電話をはじめ様々な機器に利用される外部メモリーは、コンパクト化が進み、microSDカードやメモリースティックマイクロ(M2)などになると、紛失が懸念されるが、実際に紛失を経験したユーザーは、どれほどいるだろう。
インターネットコムとgooリサーチが行った「外部メモリーに関する調査」によると、各外部メモリーの紛失率は1割以下で、紛失を経験したことがあるユーザーはそれほど多くないことがわかった。

<調査概要>

  • 実施期間: 2009/08/12~2008/08/17
  • 有効回答数: 1,085

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

関連リンク

2007/07/11共同調査
携帯電話のメモリーカードに関する調査

タグ: .

上へ戻る