インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

検索の仕方

第1回[ネットで聞きました] 株式投資「する?しない?」のアイキャッチ

第1回[ネットで聞きました] 株式投資「する?しない?」

2009/05/20共同調査 [費やす]消費・購買 データストアあり

「怖いので手を出さない」が3割超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 週刊エコノミスト による共同企画調査

週刊エコノミスト 2009年4月21日号

gooリサーチと週刊エコノミストによる共同企画調査<第1弾>

第1回[ネットで聞きました] 株式投資「する?しない?」

~「怖いので手を出さない」が3割超え~

週刊エコノミストがNTTレゾナントの協力を得て行ったインターネット調査が、2009年4月13日発売の「週刊エコノミスト(2009年4月21日号)」に掲載されました。

株式投資「する?しない?」のグラフ

調査結果について

100年に1度と言われる金融危機に直面し、株式市場は大きく下落した。「個人投資家は、底値近辺で果敢に買い出動する傾向がある」と株式市場では見られているが、実際はどうなのか。現状を歴史的買い場と見ているのか、様子見が得策と考えているのか。ネットユーザーに、株式投資についての考え方を聞いた(複数回答可)。

最も多かった回答は「怖いので手を出さない」で3割を超えた。このなかには、そもそもこれまで株式投資をしたことがない人も含まれている。 一方、「頻繁に取引をしている」「最近、取引を始めた」はそれぞれ4.1%、2.0%ときわめて少なかった。しかし、「今は我慢の時だ」(12.1%)、「今が仕込みの時だ」(7.7%)と株式投資に前向きのスタンスでいる個人が少なくない結果も見られる。

芳賀沼千里・野村証券金融経済研究所ストラテジストも「『仕込み時』が7.7%にものぼったということは、足元の景気が悪い割に、個人投資家は冷静にマーケットを見ていると感じる」と話す。
なお、約2割を占めた「長期保有している」人のなかで、確信的な長期投資家がどれぐらいいるのか、興味深いところだ。

(週刊エコノミスト編集部)

<調査概要>

  • 実施期間: 2009/03/27~2009/03/29
  • 有効回答数: 1,049
NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の集計結果などを無料にて提供しています。

タグ: . . .

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2017 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation