インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第8回電子マネーに関する調査のアイキャッチ

第8回電子マネーに関する調査

電子マネーの所有率が3ポイント近く下降―電子マネー定期リサーチ(8)

共同調査 費やす ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

このレポートは、「電子マネーに関する定期調査」の第8回目の報告である。Edy、PASMOやSuica、あるいはおサイフケータイなど、非接触型ICを使った電子マネーについて定期的に利用動向を探っていく。
今回の調査では、どこで使われているか、どの程度の金額が多いのか、調査してみた。
インターネットコムとgooリサーチが行った調査では、電子マネーの所有者が前回より下降、また、交通機関やコンビニエンスストアで多く使われていることがわかった。

<調査概要>

  • 実施期間: 2009/03/24~2009/03/27
  • 有効回答数: 1,093

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

上へ戻る