インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第20回[トピQ・ネット調査]<コンビニについて>のアイキャッチ

第20回[トピQ・ネット調査]<コンビニについて>

共同調査 暮らす Download

コンビニ24時間営業「続けて」58%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2008/08/01 東京本社夕刊本紙

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第89弾>

コンビニについて

~コンビニ24時間営業「続けて」58%~

コンビニエンスストアは、「買い物」だけでなく、今や様々なサービスを提供してくれます。こうしたコンビニの営業時間を見直そうとする動きが、各地で広がりつつあります。地球温暖化対策の一環として24時間営業を規制し、消費電力を節約しようとするものです。10〜30歳代はどのようなことでコンビニを利用し、規制論議をどう受け止めているのでしょうか。

調査結果について

コンビニをどれくらい利用しているかを聞いたところ、「ほぼ毎日」は19%で、「週に2〜3回」の43%を合わせると、6割以上が比較的頻繁に利用していることがわかりました。「月に2〜3回」は27%、「まったく利用しない」は1%にとどまっています。

あなたは、コンビニエンスストアをどれくらい利用していますか。のグラフ

コンビニを利用して「便利だな」と感じるときを複数回答で聞くと、「深夜の買い物」が最も多い59%となりました。24時間営業のありがたさを感じている人は多いようです。「ATMの利用」45%、「トイレの利用」44%、「公共料金などの支払い」40%も目立ちました。

あなたがコンビニを利用して、「便利だな」と感じるのは、どのようなときですか。次の中から、いくつでも選んでください。のグラフ

こうしたサービスの多様化もコンビニの利便性を高めているようで、家の近くにコンビニがないと不便だと感じる人は74%に達しています。

あなたは、家の近くにコンビニがないと、不便だと感じますか。のグラフ

コンビニの24時間営業については、続けてほしいと思う人は58%と過半数を占め、「やめるべきだ」との答えは18%でした。

あなたは、コンビニの24時間営業を続けてほしいと思いますか。のグラフ

24時間営業をやめることによる地球温暖化対策への効果について、「ある」と答えた人は63%、「ない」は31%となりました。

あなたは、コンビニが24時間営業をやめることは、地球温暖化対策として、どの程度の効果があると思いますか。のグラフ

温暖化対策の効果があると答えた人でも、24時間営業を続けてほしいという人は48%で、「やめるべきだ」の26%より多くなりました。24時間営業のコンビニは、若い世代にとって、日々の暮らしに欠かせない存在となっているようです。

◎調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」で7月23日〜25日に実施、全国の10〜30歳代の男女534人が回答した。

<調査概要>

  • 実施期間: 2008/07/23~2008/07/25
  • 有効回答数: 534

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る