インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

自動車購入時の情報に関するアンケートのアイキャッチ

自動車購入時の情報に関するアンケート

共同調査 遊ぶ Download

自動車購入の情報収集にWeb活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車購入の情報収集にWeb活用

~情報収集する人の半数以上が購入ポイントを変更~

自動車を購入する際の情報が大量にある中で、店舗での視察や試乗を除くと、メーカー・ディーラーや知人・友人・親戚のリアルの情報とともにWebサイトの情報で半数以上の人が情報収集の前後で購入するポイントとを変更していることがわかった。

自動車を購入する場合、自動車情報誌による情報収集が一般的とされてきたが、自動車メーカーのWebサイトなどの充実が図られる中、どのような情報収集が行なわれているのだろうか。また、どのような影響を受けているのであろうか。そこで今回のテーマは「自動車購入時の情報収集に関するアンケート」。

今回の調査は2008年1月21日〜1月23日で行い、普通自動車運転免許を保有している1,298人の男女(20歳代14.3%、30歳代32.7%、40歳代27.2%、50歳代16.3%、60歳代以上9.6%)から回答を得た。

調査結果について

まず、自動車を購入したことがある人にどのような自動車を購入したことがあるか聞いたところ、新車を購入したことがある人は8割を超えており、中古車を購入したことがある人は6割を超えている。メーカー別にみると、トヨタ、日産、ホンダの人気が高いことがわかった。また、リース買取で自動車を購入したことがある人は約1割いることがわかった。

次に自動車を購入する際、あらかじめ決めていることは何か聞いたところ、セダン、ワゴンなど車のタイプを決めている人が一番多く61.3%となった。次いで予算が61.1%、メーカーが28.8%、車種が27.5%と続いている。

また、自動車購入時にほとんどの人が情報収集を行っており、一番多いのがメーカー・ディーラーの店舗、次いで自動車情報誌となっており、以前からある情報収集スタイルが人気があるようだ。その2つの方法と同じくらいユーザが行なっている情報収集に自動車メーカーのWebサイトである。車のイメージや性能など、ユーザの知りたい情報が即時に入手できることから、自動車メーカーのWebサイトの充実度がうかがえるまた、知人・友人・親戚の口コミとWebサイトの口コミではリアルな口コミのほうが10ポイント以上の差があることから、高価な買い物である自動車の情報は信頼性が重要となっている。これを男女別にみると、女性の場合、メーカー・ディーラーの店舗と答える人が半数を超え、逆に自動車情報誌は3割を切っていることから、女性は主体的に情報収集する人は少なく、口コミメーカー・ディーラーでの情報とともに、知人・友人・親戚の口コミなど信頼できる人からの情報を参考にしている人が多いことがあきらかとなった。

図1.自動車を購入する際、どのように情報収集するか(n=1,025)

図1.自動車を購入する際、どのように情報収集するかのグラフ

それでは、情報収集の結果、購入ポイントを変更したことがあるか聞いたところ、約半数の人が購入ポイントを変更したと答えた。変更したポイントは予算、車種、メーカーと続いている。また、変更するに至った情報は自動車情報誌、リアル・Webの口コミ、自動車メーカーのWebサイトの人気が高い。このことから、自動車メーカーにとっては自社のWebサイトでいかにユーザに訴求できるかということが重要であることがわかる。また、これを年齢別にみると、20代、30代では口コミサイトの情報により購入ポイントを変更した人が多いことがわかった。

図2.情報収集を行うことで、当初決めていた購入ポイントを変更したことがあるか(n=1,025)

図2.情報収集を行うことで、当初決めていた購入ポイントを変更したことがあるかのグラフ

最後に今後自動車を購入する場合、どのように情報収集したいか聞いたところ、自動車メーカーのWebサイトで情報収集したいとする人が最も多かった。また、行なったことがある情報収集と比較すると、口コミサイトや価格比較サイトなどWebサイトを利用したいと答える人のポイントが多くなっている。

以上のことから、自動車メーカーのWebサイトの充実が求められるとともに、他の商品と同様に消費者の意見が購入を左右することになるだろう。

図3.今後、どのように情報収集したいか (n=1,298)

図3.今後、どのように情報収集したいかのグラフ

<調査概要>

  • 実施期間: 2008/01/21~2008/01/23
  • 有効回答数: 1,298

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る