インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

▲値段が高くても買いたい商品に関する意識調査のアイキャッチ

▲値段が高くても買いたい商品に関する意識調査

年収が高い人ほど、自己表現をするための商品にお金を惜しまない

共同調査 費やす Download

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 日本総研 による共同企画調査

値段が高くても買いたい商品がある人が8割を超えており、その多くは自分自身のための購入であった。値段が高くても買いたいブランドの1位はルイ・ヴィトン、最も価格が高いと思うブランドの1位はエルメス。また、ブランドを選ぶ際には「品質」や「デザイン性」が重要視していることがわかりました。

株式会社日本総合研究所とgooリサーチは「値段が高くても買いたい商品関する調査」を実施しました。

<調査概要>

  • 実施期間: 2007/09/04~2007/09/09
  • 有効回答数: 1,097

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

上へ戻る