インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

教育機関の情報収集に関する調査のアイキャッチ

教育機関の情報収集に関する調査

共同調査 学ぶ Download

インターネットでの授業公開に高いニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 慶應義塾大学 による共同企画調査

報道発表資料 平成19年11月6日

NTTレゾナント株式会社
慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構

gooリサーチ結果 (No.166)

教育機関の情報収集に関する調査

~インターネットでの授業公開に高いニーズ~

インターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才 博美)と慶應義塾大学(東京都港区、塾長:安西 祐一郎)は、全国のgooリサーチ登録モニターを対象に「教育機関の情報収集に関する調査」を実施しました。

本調査は、日本オープンコースウェアコンソーシアム(以下JOCW(*2)、代表幹事:慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構教授 福原美三)に加盟する慶應義塾大学が、NTTレゾナントと共同で調査の企画・設計・分析を行ったものです。

今回の調査では、趣味・教養・実用から大学や大学院への進学まで、何らかの教育機関での学習を希望するモニターに対し、各種教育機関へのニーズについてアンケートを行いました。

学びたいと考えている教育機関が実際の授業ビデオをインターネットで公開していた場合、これから進学・受講したいと考えている人のうち8割以上が視聴したいと回答しており、具体的な授業内容のインターネットでの公開を求めていることが分かりました。

また、あわせて「授業レジュメ」や「参考資料」などの授業に関する資料についてもインターネット上で閲覧したいと答えた人が半数前後にのぼり、各種教育機関は、インターネットを活用して、より具体的な授業に関する情報を提供していくことが必要になってきていると考えられます。

総括

有効回答者1,000名のうち、学ぼうとする教育機関に対し期待することとして、「費用負担の少なさ(53.8%)」に次いで、「授業のわかりやすさ」が42.3%となりました。

教育機関を選定する際に、学校がインターネットで授業内容を公開していることが学校選びの重要な要因になると回答した人が、「非常にそう思う(24.2%)」と「どちらかといえばそう思う(49.5%)」を合わせて7割以上となっており、多くの人が実際の授業ビデオをインターネットで公開することを肯定的に評価しています。

授業ビデオのほかにインターネット上で得たい情報としては、「授業レジュメ(58.3%)」や「参考資料(48.8%)」、「受講生の評判(35.4%)」の順に多く、具体的な情報を集めたいというニーズの高さが見受けられました。

教育機関を選ぶ際、重視する選定基準としては、「授業の質(52.7%)」が最も多く、授業の内容を重視する姿勢が伺えます。

なお、教育機関を選ぶ際の情報収集手段として「公式Webサイト閲覧(70.5%)」、「教育関連のWebサイト閲覧(32.5%)」となっており、情報収集においてインターネットの果たす役割が高いことも分かりました。

今後は、こうした受講者の要望に応えるために、教育機関側の情報提供に対する取り組みの活性化が期待されます。

調査結果のポイント

(1) 教育機関を選ぶ際の情報収集手段は「公式Webサイト閲覧」などインターネットが中心

教育機関を選択する時の情報収集手段として、「公式Webサイト閲覧」と回答した人が70.5%と最も多く、「教育機関発行のパンフレット(52.6%)」を上回った。次いで、「教育関連のWebサイト閲覧(32.5%)」が多く、インターネットを通じた情報収集が中心となっていることが伺える。

(2) 教育機関に対して期待することは「授業の分かりやすさ」と「授業の専門性の高さ」

学びたい教育機関に対し期待することとして、「費用負担の少なさ(53.8%)」の他に「授業の分かりやすさ(42.3%)」、「授業の専門性の高さ(25.5%)」、「授業数の充実(21.5%)」の順に高い結果となっており、授業の具体的な情報を重視する姿勢が目立った。

(3) 教育機関を選ぶ時に最も重視するのは「授業の質」

教育機関を選定する上で最も重視する基準は、「授業の質(52.7%)」と回答した人が最も多かった。次いで「学費の安さ(51.8%)」、「具体的な授業内容(40.1%)」と続き、選択の際に授業内容を重視する傾向が伺えた。

(4) 7割以上の人が、授業ビデオのインターネットでの公開を重要視

大学の授業を公開しているJOCWのWebサイトで実際に授業の映像を視聴してもらった上で尋ねたところ、授業ビデオの動画配信を「良い」と評価する人は78.7%にのぼった。さらに、授業ビデオの公開が、「教育機関選定の際に重要な要因となる」と答えた人は73.7%で、興味のある教育機関が授業ビデオを配信していた場合に「視聴したい」とした人は84.5%であった。今後、何らかの学習をしたいと考えている人に対して、授業内容を記録した動画をインターネット上で公開することは、高いニーズがあると考えられる。

(5) インターネット上で得たい情報は、「授業レジュメ」と「参考資料」

インターネット上で、授業ビデオの他に得たい情報として、58.3%の人が「授業レジュメ」、48.8%の人が「参考資料」を挙げており、授業ビデオとともに、さらに具体的な情報として、授業の内容や資料の公開も求められている。

《 補足 》

(*1)【 gooリサーチ 】 http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントと、日本のリーディングシンクタンクである三菱総研の調査企画力、コンサルティング力が融合した、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。携帯電話でアンケートに答える 「gooリサーチ・モバイル」モニター(7.0万人)、キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(4.6万人)、団塊世代・シニア層、ならびに若年層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(3.5万人)を含め、171万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数はいずれもH19年10月現在)

(*2)【 日本オープンコースウェア・コンソーシアム 】 http://www.jocw.jp/index_j.htm
日本オープンコースウェア・コンソーシアム (略称:JOCW)は、日本におけるオープンコースウェア活動(高等教育機関において正規に提供された講義および関連情報のインターネット無償公開)を援助し普及することを目的として、2006年に設立されました。慶應義塾大学は、2005年5月より独自の「慶應義塾オープンコースウェアサイト」で講義内容をWeb上で公開しており、JOCWの初代事務局を務めています。

<本発表資料に関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部 広報
(Tel) 03-5224-5500、(E-mail) pr@nttr.co.jp

慶應義塾大学広報室
(Tel) 03-5427-1541、(E-mail) m-koho@adst.keio.ac.jp

<gooリサーチに関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部 リサーチグループ
(Tel) 03-5224-5380、(FAX) 03-5224-5201、(E-mail)research@goo.ne.jp

NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部
(Tel) 03-5224-5500、(E-mail) pr@nttr.co.jp

調査結果について

1. 調査対象 gooリサーチ・消費者モニター
2. 調査方法 非公開型インターネットアンケート
3. 調査期間 平成19年10月12日(金)〜平成19年10月17日(水)
4. 有効回答者数 1,000名
5. 回答者の属性 【性・年齢】
10代男性13.5%、20代男性7.9%、30代男性9.0%、40代男性8.6%、50代男性11.0%
10代女性14.7%、20代女性7.3%、30代女性9.2%、40代女性8.3%、50代女性10.5%

【対象者】
進学を考えている高校生および再教育を受けたいと考えている社会人など

調査結果データ

1.教育機関に関する情報収集手段は、「公式Webサイト閲覧」などインターネットが中心

教育機関を選ぶ際の情報収集手段は「公式Webサイト閲覧(70.5%)」が「教育機関発行のパンフレット(52.6%)」を上回った。また、「教育関連のWebサイト閲覧」も32.5%の人が挙げており、インターネットを通じた情報収集が中心となっていることがわかる【図1】。

【図1】 学びたい教育機関に関する情報の収集手段(n=1,000) ※複数回答

【図1】学びたい教育機関に関する情報の収集手段のグラフ

2.教育機関への期待と選定基準について

(1) 教育機関に対して期待することは「費用負担の少なさ」と「授業の分かりやすさ」

学びたい教育機関に期待することとして、複数回答可で尋ねたところ、回答者の約半数に当たる53.8%の人が「費用負担の少なさ」を挙げた。学費以外に関しては、「授業の分かりやすさ」が42.3%で最も高く、次いで「授業の専門性の高さ(25.5%)」「授業数の充実(21.5%)」が続き、授業の内容に関する要望が目立つ【図2】。

【図2】 学びたい教育機関に対して期待すること (n=1,000) ※複数回答

【図2】学びたい教育機関に対して期待することのグラフ

(2) 9割が事前に使用する教材を閲覧したい

教育機関での授業を受ける前に、実際に使用する教材を閲覧してみたいと思うか、との問いに対し、91.3%の人が「閲覧したい」と回答した【図3-A】。その理由として最も多かったのは「自分のレベルに合っているかわかるから(59.0%)」で、「授業の全体像がわかるから(51.0%)」、「教育機関の質がわかるから(46.7%)」といった回答も半数近くに上っている【図3-B】。

【図3-A】 授業で使用する教材を、受講前に閲覧したいか(n=1,000)

【図3-A】授業で使用する教材を、受講前に閲覧したいかのグラフ

【図3-B】 授業で使用する教材を閲覧したい理由(n=913) ※複数回答

【図3-B】授業で使用する教材を閲覧したい理由のグラフ

(3) 教育機関選択の際に重視する基準は「授業の質」

教育機関を選定する際に重視する基準は、「授業の質」が52.7%で最も高かった。また次に多かった「学費の安さ(51.8%)」のほかには、40.1%の人が「具体的な授業内容」を挙げ、38.0%の人が「カリキュラムの内容」と回答した【図4】。

【図4】 重視する選定基準 (n=1,000) ※複数回答

【図4】重視する選定基準のグラフ

3.授業内容のインターネットでの公開について

(1) 約7割の人が、授業ビデオのインターネットでの公開を重視している

大学の授業内容が閲覧できるWebサイトで実際に授業の映像を視聴し、授業ビデオの動画配信を「良い」と評価した人は、「非常によいと思う(29.5%)」と「よいと思う(49.2%)」を合わせ8割近くに上った【図5-A】。また「教育機関選定の際に重要な要因となる」と答えた人は「非常にそう思う(24.2%)」と「どちらかといえばそう思う(49.5%)」合わせて73.7%【図5-B】、興味のある教育機関が授業ビデオを配信していた場合「視聴したい」と答えた人は「非常に見たい(41.9%)」と「どちらかといえば見たい(42.6%)」を合せて84.5%だった【図5-C】。

【図5-A】 実際の授業をインターネットで公開していることについての評価 (n=1,000)

【図5-A】実際の授業をインターネットで公開していることについての評価のグラフ

【図5-B】 インターネットでの授業内容公開は、学校選びの重要な要因になるか (n=1,000)

【図5-B】インターネットでの授業内容公開は、学校選びの重要な要因になるかのグラフ

【図5-C】 興味がある教育機関の授業ビデオを視聴してみたいか (n=1,000)

【図5-C】興味がある教育機関の授業ビデオを視聴してみたいかのグラフ

(2) 授業ビデオのほかにインターネット上で欲しい情報は授業関連資料が多数

インターネット上で講義ビデオの他に欲しい情報は、「授業レジュメ(58.3%)」や「参考資料(48.8%)」を挙げた回答者が多く、授業に関する情報が多数を占めた。その他、「受講生の評判(35.4%)」「講師のプロフィール(32.7%)」「過去の試験問題・解答(32.3%)」などの意見も多く、実際に受講する前に少しでも多く具体的な情報を集めておきたいというニーズが高いことが見受けられる【図6】。

【図6】 授業ビデオの他に、参考としてインターネット上で得たい情報 (n=1,000) ※複数回答

【図6】授業ビデオの他に、参考としてインターネット上で得たい情報のグラフ

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る