インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第9回[トピQ・ネット調査]<子育て><料理について>のアイキャッチ

第9回[トピQ・ネット調査]<子育て><料理について>

「資金面不安」7割/「男性も台所に」9割

共同調査 暮らす Download

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2007/09/07 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第50弾>

子育て

~「資金面不安」7割~

少子化が深刻な問題となっています。女性一人が生涯に産む子供の数に近い推計値・合計特殊出生率は2006年で1.32でした。前年に比べて0.06ポイント増えましたが、低下傾向に変わりはありません。若い人たちは、子育てについて、どのような意識を持っているのでしょうか。

将来的に子供は何人欲しいと思うか――。
この質問に対しては、「2人」が49%で最も多く、「3人」19%が続きました。次いで多かったのは、「欲しくない」の10%でした。「欲しくない」は、10歳代で13%に上り、今後、少子化の流れに歯止めをかけられるかどうか、不安な結果となっています。

子どもは何人欲しいですか。のグラフ

子育てについての不安を複数回答で聞いたところ、69%が「養育費などの資金面」を挙げ、「きちんと教育できるか」66%、「自分の時間が持てるか」38%、「育児と仕事を両立できるか」36%――の順でした。ほぼ7割の人が訴えている資金面の不安をどうやって解消していくかが、今後の少子化対策のかぎとなりそうです。

子育てについて、あなたは、どのような不安がありますか。のグラフ

子育ては誰の仕事だと思うかでは、「父親と母親両方」が51%で、「母親が中心になり、父親がサポートする」の45%を上回りました。これについては男性と女性とで考え方に違いがありました。男性では「母親中心で父親がサポート」が47%と「両方」をわずかに上回った一方、女性は「両方」が55%で、父親にも子育てを期待する傾向がうかがえました。

子育ては誰の仕事だと思いますか。のグラフ

何歳までに子供が欲しいかを、20歳から40歳まで5歳刻みで尋ねたところ、「30歳まで」がトップで43%。以下、「35歳まで」26%、「25歳まで」12%となっています。男女別に見ると、男性は「30歳まで」37%、「35歳まで」33%。女性は「30歳まで」51%、「25歳まで」「35歳まで」18%。男女ともに「30歳まで」が最も多く、女性は半数を超える結果となりました。(ハマっ子)

何歳までに、子どもが欲しいですか。のグラフ

◇調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチで8月23〜28日に実施、全国の10〜30歳代の男女545人が回答。男女比は1:1。職業別の内訳は学生37%、正社員30%、専業主婦・主夫12%などでした。


読売新聞 2007/09/14 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第50弾>

料理について

~「男性も台所に」9割~

テレビや雑誌などで「食」をテーマとした企画をよく見かけます。料理や食事の取り方について10〜30歳代の意識を探りました。

料理をすることへの関心では、「ある」とした人が「大いに」「多少は」を合わせて76%に上り、「関心がない」(計24%)の3倍以上となりました。女性では84%、男性も69%の人が「ある」と答えました。

あなたは料理をすることに関心がありますか。のグラフ

また、男性が家庭内で「進んで台所に立つべきだ」「たまには立った方がよい」とした人が計89%で、女性では計91%、男性でも計87%に上りました。「立つべきではない」はわずか2%でした。「料理は生活の基本」との意識が男女を問わず浸透しているといえそうです。

あなたは、男性が家庭内で台所に立つべきだと思いますか。のグラフ

ただ実際に、週何日夕食を自分で作るかと聞くと、「ほとんど」「全く」を合わせ「作らない」人が計47%でした。「作る」とした人は計53%で、その頻度は、「毎日」「週に1、2日」(各18%)、「週に5、6日」(9%)、「週に3、4日」(8%)の順でした。作っている人は女性で66%、男性は39%止まりでした。

あなたは、ご自分で週何日ぐらい夕食を作りますか。のグラフ

夕食を自分で作らない人の理由(複数回答)は、「家族や恋人が料理をしてくれる」(72%)、「面倒だ」(31%)、「料理の仕方が分からない」(23%)など。夕食を自分で作る人の理由(同)では「必要に迫られて」「コンビニで弁当を買ったり外食をすると、お金がかかる」がともに48%で1位で、以下、「栄養バランスをとれる」42%、「家族や恋人が喜ぶ」33%などの順でした。全体では「楽しい」は33%、「気分転換になる」は28%でしたが、男性ではそれぞれ41%、36%と、女性より10ポイント以上高くなりました。

あなたが料理をしない理由は何ですか。のグラフ

ふだん夕食をとる際、家で手作りの料理を食べる「内食派」は67%、コンビニやスーパーなどで売られる弁当や総菜を買って家で食べる「中食派」は16%、レストランなどで食事をする「外食派」は7%でした。好きな料理では、和食が86%でトップ。洋食71%、中華料理58%、韓国・タイなどのエスニック料理23%と続きました。(ケンシロウ)

ふだん夕食をとる際、レストランなどで食事をする「外食派」ですか、コンビニなどのお弁当や総菜を買って家で食べる「中食派」ですか、家で手作り料理を食べる「内食派」ですか。のグラフ

◇調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチで8月23〜28日に実施、全国の10〜30歳代の男女545人が回答。男女比は1:1。職業別の内訳は学生37%、正社員30%、専業主婦・主夫12%などでした。

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る