インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第8回[トピQ・ネット調査]<音楽について><ファッションについて>のアイキャッチ

第8回[トピQ・ネット調査]<音楽について><ファッションについて>

共同調査 流行る廃る Download

好きな音楽「J―POP」が最多/おしゃれの決め手「洋服」が最多55%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2007/08/03 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第47弾>

音楽について

~好きな音楽 「J―POP」が最多~

いよいよ夏本番! お気に入りの音楽をBGMに、海へ山へ出掛けるのに絶好の季節の到来です。若者の音楽への意識を聞きました。

調査結果について

「好きな歌手・グループ」(自由回答)では、音楽のジャンル、好みの多様化を反映してか、200以上の歌手・グループ名が挙がり、トップ3は「Mr. Children」5%、「B'z」「ポルノグラフィティ」各3%でした。

  • (1)Mr.Children
  • (2)B'z
  • (2)ポルノグラフィティ
  • (4)コブクロ
  • (4)スピッツ
  • (4)サザンオールスターズ
  • (4)aiko
  • (4)ケツメイシ
  • (9)浜崎あゆみ
  • (9)YUI
  • (9)L'Arc〜en〜Ciel

「好きな音楽のジャンル」(複数回答)は、「歌謡曲、J―POP」78%がダントツ。以下、「ロック、ポップス」52%、「イージーリスニング、映画やアニメの音楽」30%、「R&B、ヒップポップ」「クラシック」各26%――などが続きました。

「歌謡曲、J―POP」は年代別では10歳代が最も多く83%で、30歳代では72%でした。逆に、年齢が上がるほど、「ロック、ポップス」「ジャズ」が増え、好きな音楽の幅も広がるようです。

好きな音楽のジャンルのグラフ

カラオケに「行く」という人は「よく」「時々」を合わせて45%で、「行かない」人(計55%)が上回りました。やや意外な結果でした。「行く」は、10歳代が計60%で最多でした。

カラオケに行きますかのグラフ

「一緒にカラオケに行く人」(複数回答)は「友人」の93%がトップ。以下、「家族」26%、「恋人」22%、「知り合いのグループ(合コンを含む)」10%――などでした。

各年代とも「友人」が1位ですが、2位を見ると10歳代は「家族」22%、20歳代は「恋人」33%。また、30歳代では「会社の同僚、部下」(3位、33%)と仕事のストレスを解消したり、「知り合いのグループ」(4位、13%)と合コンなどに精を出す人もいるようです。

どういうひととカラオケに行きますかのグラフ

「演奏できるようになりたい楽器」(複数回答)のトップ3は「ピアノ」54%、「ギター」48%、「ドラム」25%でした。男性は「ギター」55%、女性は「ピアノ」64%がそれぞれ最多でした。

演奏できるようになりたい楽器のグラフ

ところで、私がたしなむ「フルート」は7位(10%)。フルートを吹く男性ってイケてるって思いませんか?(まもたん)

◇調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチで7月20〜24日に実施、全国の10〜30歳代の男女529人が回答。男女比は1:1。職業別の内訳は学生38%、正社員28%、専業主婦・主夫10%などでした。


読売新聞 2007/08/10 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第47弾>

ファッションについて

~おしゃれの決め手 「洋服」が最多55%~

今年も、夏の装いを楽しむ人たちで街が華やいできました。ファッションに対する若い人の意識を探ってみました。

調査結果について

ファッションへの興味については、「ある」が71%で、「ない」は21%でした。興味がある人は、男性で56%、女性では86%に上りました。

ファッションへの興味のグラフ

今、気を使っているファッションのポイント(複数回答)は、「洋服」が55%で最多。次いで「ヘアスタイル」の33%でした。洋服やヘアスタイルはちょっとした工夫で"イメチェン"しやすい分、重視しがいがありますよね。

今、気を使っているファッションのポイントのグラフ

洋服代に費やす毎月の予算は、1万円未満が70%を占めました。おしゃれの決め手はお金よりもアイデアなのでしょう。20歳代で1〜3万円が31%、3〜5万円が6%など、10歳代、30歳代よりお金をかけているのが目立ちました。

洋服代に費やす毎月の予算のグラフ

服を買う場所では、「量販店・スーパー」20%、「ファッションモール」「百貨店・デパート」各17%、「ファッションビル・駅ビル」15%などが上位でした。「アウトレットショップ」や「通信販売」を利用する人も各9%でした。

服を買う場所のグラフ

それぞれにファッションを楽しんでいる様子がうかがえますが、自分をおしゃれだと思っている人はというと、「とても」と「まあ」を合わせ31%(男性22%、女性39%)にとどまりました。おしゃれの自己評価については、控え目な人が多いようです。

自分のことをおしゃれだと思いますかのグラフ

「ファッションのお手本にしたいと思う有名人」(自由回答)には、国内外の芸能人を中心に約100人の名前が挙がりました。男性の1位は俳優のオダギリジョーさんと歌手の福山雅治さん(各3%)が並び、女性はモデルの蛯原友里さんが5%でトップでした。

◇お手本にしたいと思う有名人(自由回答。男女別上位3位)

【 男性 】
〈1〉 オダギリジョー 3%
〈2〉 福山雅治 3%
〈3〉 木村拓哉 2%
〈4〉 玉木宏 2%
〈5〉 妻夫木聡 2%
【 女性 】
〈1〉 蛯原友里 5%
〈2〉 YOU 3%
〈3〉 梨花 2%

お手本は「いない」との回答が男女とも20%に上ったのが印象的でした。自分ならではのおしゃれに磨きをかけて、夏を満喫しましょう!(ユウユウ)

◇調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチで7月20〜24日に実施、全国の10〜30歳代の男女529人が回答。男女比は1:1。職業別の内訳は学生38%、正社員28%、専業主婦・主夫10%などでした。

<調査概要>

  • 実施期間: 2007/07/20~2007/07/24
  • 有効回答数: 529

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

上へ戻る