インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第7回[トピQ・ネット調査]<参院選><夏バテ対策>のアイキャッチ

第7回[トピQ・ネット調査]<参院選><夏バテ対策>

参院選の1票で…政治「変わらない」半数/夏バテ対策 栄養とって冷房ひかえめ

共同調査 生きる Download

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2007/07/06 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第45弾>

参院選の1票で...

~政治「変わらない」半数~

参院選が12日に公示されるのを前に、参院選や今の政治に対する若いネット利用者の意識を探りました。

今回の参院選に関心がある人は、「大いに」と「多少は」を合わせて57%でした。年代別では30歳代(計58%)が最多で、10歳代でも計55%に上りました。

参院選への関心は?

参院選で自分が投じる一票が、国の政治を良くするための力になるか――では、「そう思う」計43%に対し、「そうは思わない」は計50%でした。
年代別に見ると、「そう思う」は10歳代(46%)が最多で、30歳代(45%)や20歳代(39%)を上回りました。選挙権を持たない世代の方が「一票の力」に期待しているようです。

参院選で投じる1票は、国の政治が良くなる力になるか

今の日本の政治に100点満点(10点単位)で点数をつけてもらったところ、平均は35点。「政治家に必要なこと」(複数回答)では、〈1〉実行力(66%)〈2〉誠実さ(61%)〈3〉判断力(54%)が上位に入りました。

現代の政治家に必要なこと

今の政治への評価が厳しい反面、自ら政治を変えていこうという意欲は少なく、「政治家になってみたい」計17%に対し、「なりたくない」は計80%に達しました。年齢別では10歳代は「なりたい」計19%。30歳代と同じで、20歳代(計14%)を上回りました。

政治家になってみたいか

日本の政治家で、最も評価している人(自由回答)でも、「いない」24%が"最大勢力"でした。名前が挙がった政治家の1位は小泉前首相(18%)、2位は麻生外相(5%)でした。
麻生氏は漫画好きなことや、総裁選に向けての演説で「オタクの皆さん」と語りかけたことなどが知られています。これに石原慎太郎東京都知事(3%)、東国原英夫宮崎県知事、安倍首相(各2%)が続きました。

◇最も評価している日本の政治家(1人だけ、自由回答。上位10人)

〈1〉

〈2〉

〈3〉

〈4〉

〈4〉

〈6〉

〈7〉

〈7〉

〈7〉

〈7〉

小泉前首相

麻生外相

石原慎太郎東京都知事

東国原英夫宮崎県知事

安倍首相

菅民主党代表代行

田中真紀子元外相

伊藤博文

田中角栄元首相

小沢民主党代表

18%

5%

3%

2%

2%

2%

1%

1%

1%

1%

中高生など10歳代が大人と変わらないほど政治に関心があることが印象的でした。選挙権を持つ一人として、心して一票を投じたいと思います。(まもたん)

◇調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」で6月22〜24日に実施、全国の10〜30歳代の男女計546人が回答した。男女比は1:1。職業別の内訳は学生37%、正社員26%、専業主婦・主夫13%などでした。


読売新聞 2007/07/13 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第45弾>

夏バテ対策

~栄養とって冷房ひかえめ~

梅雨が明ければ、いよいよ夏本番です。気象庁も今年は「夏らしい夏になりそう」と予報しています。暑い夏をどう乗り切るか、「夏バテ」対策などを探ってみました。

「夏バテ」になることがあるかどうかを聞くと、「ある」が67%で、「ない」は33%でした。「ある」は男性62%、女性73%。「夏バテ」の悩みは女性の方が強いようです。

夏バテになることは?

「夏バテ」に悩む人が圧倒的に多い反面、暑さを乗り切るため、特に実践していることがあるかどうかでは、「ない」が73%と、「ある」の27%を大きく上回りました。あきらめ気分になるほど、日本の夏は暑いということでしょう。

夏の暑さ、乗り切る実践をしていることは?

実践している具体的な暑さ対策(複数回答)では、「栄養のある食事をとる」64%がトップ。男性では「栄養のある食事」(66%)が1位だったのに対し、女性は「冷房に当たりすぎないようにする」(67%)が最多でした。エアコンの効き過ぎは女性にとって"大敵"のようです。

実践している具体的な暑さ対策

夏に特に食べたくなるものを自由に一つ挙げてもらったところ、「アイスクリーム類」の19%が1位で、以下、「そうめん」17%、「スイカ」13%――などの順。10歳代の1位が「アイスクリーム類」だったのに対し、20歳代と30歳代の1位はいずれも「そうめん」でした。「カレー」(8位)、「鍋」(16位)など、「熱さ」や「辛さ」で汗を流し、暑さを跳ね返そうという人も目立ちました。

特に飲みたくなるもの(複数回答)では、「麦茶」の50%が1位で、「炭酸飲料」41%、「スポーツドリンク」33%と続きました。20歳以上に限った回答ですが、「ビールや発泡酒」は26%でした。

夏に飲みたくなるもの

国立環境研究所は、2030年の東京では、地球温暖化の影響で、最低気温が27度以上となる極端な熱帯夜が現在の3倍に増えると予測しています。夏を過ごしやすくするためには、社会全体で温暖化対策に取り組むことも、今後は必要となるでしょう。(ジャンボ)

◇調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」で6月22〜24日に実施、全国の10〜30歳代の男女計546人が回答した。男女比は1:1。職業別の内訳は学生37%、正社員26%、専業主婦・主夫13%などでした。

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る