インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

検索の仕方

調査結果

第4回[トピQ・ネット調査]<恋愛><お笑い>のアイキャッチ

第4回[トピQ・ネット調査]<恋愛><お笑い>

20代、恋人と結婚「意識」ダントツ8割弱/お笑い番組、もはや習慣

2007/04/24共同調査 [暮らす]家族・公共マナー データストアあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2007/04/06 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第35弾>

20代は恋に真剣

~20代、恋人と結婚「意識」ダントツ8割弱~

春といえば、出会いの季節。みなさん、いい恋してますか? 今回は若い人の恋愛観を探ってみました。
今、恋愛をしている人は37%、恋愛をしていない人は49%。男性の30%、女性では45%が「現在恋愛中」でした。年代別では、20歳代が48%と最多。30歳代33%、10歳代は31%でした。

現在、恋愛をしていますかのグラフ

最近、「恋愛=結婚」ととらえない若い人も多いと言われますが、恋愛している人に、結婚を意識しているかどうか聞くと、「意識する」が計58%と、「意識しない」(計34%)を上回りました。「意識する」人は、20歳代(77%)がダントツ。ここでも他の年代(30歳代50%、10歳代38%)を大きく引き離し、恋愛に積極的かつ真剣な20代の横顔がうかがえます。

あなたは、結婚を意識して恋愛をしていますかのグラフ

恋愛の相手と知り合ったきっかけでは、「大学や高校時代の同級生や先輩・後輩」(28%)、「友人・知人の紹介」(21%)、「勤務先の同僚」(14%)などが上位でした。

その人とは、どのようなきっかけで知り合いましたかのグラフ

恋人を選ぶ基準は「人柄」77%が1位で、「価値観」56%、「愛情」40%と続きました。「収入」(5%)、「職業や勤め先」(2%)、「学歴」(1%)は予想外の低さでした。

あなたが恋人(交際相手)を選ぶとしたらどのような基準で選びますかのグラフ

また、交際中に、新しく好きな人が現れたらどうするか、とたずねると、男性では「今の相手だけと付き合う」(36%)、女性は「今の相手と別れ、新しい人と付き合う」(30%)がそれぞれトップでした。

あなたが1人の異性と交際中、新しく好きな人が現れたとします。あなたならどうしますかのグラフ

恋人とのデート代(食事代など)の支払い方では、「男性が多めに払う」41%が最も多く、以下、「割り勘」30%、「順番におごり合う」「男性が全額おごる」各11%――などの順。女性では、「男性が多めに払う」44%、「男性が全額おごる」11%と、男性が払った方がよいという意見が5割を超えました。デートの際には、財布の中身をもっと気にすべし、と反省しました。

恋人とのデート代(食事代など)は、どちらがどのように払ったらよいと思いますかのグラフ

恋をすると、心がウキウキするから不思議です。すてきな人に、機会を逃さずアタックしてみては?(ケンシロウ)

◆調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」で3月27〜29日に実施、全国の10〜30歳代の男女計555人が回答しました。


読売新聞 2007/04/13 東京本社夕刊

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第35弾>

お笑い番組、もはや習慣

~ストレス発散、会話のネタに~

最近、テレビではお笑い番組が増え、お笑いタレントをたくさん目にするようになりました。そこで、若い人のお笑い好き度をチェックしました。

ふだん、冗談などを言って周囲の人を笑わせることが好きかと聞くと、「好きだ」という人は「かなり」「まあまあ」を合わせて計82%と、「好きではない」の計14%を圧倒。年代別では、20歳代は最多の87%で、30歳代(81%)、10歳代(78%)を上回りました。多くの人は自分が、笑いのつぼをおさえていると感じているようです。

あなたは、ふだん、冗談などを言って周囲の人を笑わせることが好きですかのグラフ

お笑い番組を見る回数では、「週に2回」「週に3、4回」が各24%で最多。「週に1回」22%、「ほとんど見ない」15%、「週に5回以上」8%、「全く見ない」6%の順でした。
職業別では、週に3回以上見る人は、学生が32%、会社員が30%に上りました。

テレビのお笑い番組を週に何回くらい見ますかのグラフ

お笑い番組を見る人に、見る理由をいくつでも挙げてもらったところ、「単純にお笑いが好き」が65%でトップ、次いで「暇つぶし」43%、「笑ってストレスを発散する」42%――など。年代別では、「学校や職場で会話のネタにする」人は、10歳代(22%)が最多でした。

お笑い番組を見る理由は何ですかのグラフ

好きなお笑いタレント(コンビ)を3人(3組)まで選んでもらったところ、1位が「ダウンタウン」の28%で、「明石家さんま」25%、「ナインティナイン」21%などの順。年代別にみると、10歳代では、ダウンタウン(23%)と並んで次長課長(同)がトップに。男女別では、「ロンドンブーツ1号2号」「オリエンタルラジオ」が女性から男性の倍以上の支持を集めました。

あなたの好きなお笑いタレントを次の中から3人、または3組だけあげてくださいのグラフ

最近のお笑い番組やお笑いタレントについて思うことを自由回答で聞くと、「若手が多いのでたくさん楽しめる」「低俗化している」など賛否両論でした。

◆最近のお笑い番組やお笑いタレントで思うこと

  • ○ お笑い番組がもっと増えてほしい(20代女性)
  • × 子供と一緒に安心して見られるタレント・番組が少ない(30代女性)
  • ○ 若手の勢いがすごい(20代男性)
  • × 一発屋ばっかりで面白くない(10代女性)
  • ○ おしゃれでかっこいい人が増えた(20代女性)
  • × トークや司会で番組に出るだけでなく、たまにはネタを(20代男性)

お笑いウオッチャーを自称する記者も、若手タレントがコントや漫才などを披露するテレビ番組が大好きです。(ケンシロウ)

◆調査方法

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」で3月27〜29日に実施、全国の10〜30歳代の男女計555人が回答しました。

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の集計結果などを無料にて提供しています。

タグ: . . . .

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2017 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation