インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

動画共有サイトに関する調査のアイキャッチ

動画共有サイトに関する調査

「動画共有サイト」ユーザー数、1年で約2.4倍に

共同調査 伝える ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

前回2006年5月の「動画共有サイト」調査結果からどのような変化があっただろうか。インターネットコムとgooリサーチが行った調査によると、「利用したことがある」ユーザーは前回から飛躍的に増大し、半数近くになることがわかった。一方、利用サイトの順位が逆転、「Youtube」が「Google Video」を圧倒的多数で抑えた。しかしながら、その利用方法は相変わらず「動画閲覧」がトップで、「動画をアップロードする」ユーザーの割合は減少している。

<調査概要>

  • 実施期間: 2007/04/05~2007/04/09
  • 有効回答数: 1,088

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: .

上へ戻る