インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

2007年の経済に関するアンケートのアイキャッチ

2007年の経済に関するアンケート

共同調査 働く ダウンロード

わが家の景気今年は… 「良くなる」15%▽、悪化29%▲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2007年1月15日 ネットリサーチ

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第27弾>

わが家の景気今年は...

~「良くなる」15%▽、悪化29%▲~

《「給料上がる」34%だが...家計の負担減らず》

新年を迎え、読売新聞とNTTレゾナントが共同で実施した消費者モニター調査で、今年の給与水準が昨年と比べてどうなるか予想を聞いたところ、「上がる」と答えた楽観派が34%に上り、「下がる」と答えた悲観派の2倍以上だった。暮らし向きは昨年と「変わらない」と答えた人が過半数を占めたものの、景気回復を背景に、収入増への期待は広がっているようだ。

調査結果について

◆収入増に期待

自分の給料や、アルバイト・パート収入の見通しについては、「変わらない」が50%で最も多かったが、「上がる」(6%)と「多少は上がる」(28%)の合計も34%に達した。これに対し、「下がる」(5%)と「多少は下がる」(9%)の合計は14%だった。

今年のあなたの給料は昨年と比べてどうなると思いますか。のグラフ

自分が保有する金融商品、不動産などの資産価格の見通しでは、「上がる」(4%)と「多少は上がる」(22%)を合わせた期待派は26%で、「下がる」(10%)と「多少は下がる」(15%)を合わせた慎重派の25%をわずかに上回った。こちらも「変わらない」が41%で最も多かった。

今年のあなたの資産の価値は昨年と比べてどうなると思いますか。のグラフ

◆「小遣い減る」3割

ただ、今年の暮らし向きが昨年と比べてどうなると思うかとの質問には、「変わらない」が54%と過半数を占めただけでなく、「悪くなる」(7%)と「多少は悪くなる」(22%)を合わせた悲観派は29%にも達した。「良くなる」(3%)と「多少は良くなる」(12%)を合わせた楽観派は15%にとどまっている。

今年のあなたの暮らし向きは昨年と比べてどうなると思いますか。のグラフ

お小遣いなど自由に使えるお金の見通しについても、「変わらない」が52%と最も多く、「減る」(11%)と「多少は減る」(23%)を合わせた悲観派も34%いた。「増える」(3%)と「多少は増える」(9%)を合わせた楽観派は12%だった。

今年のあなたの自由に使えるお金は昨年と比べてどうなると思いますか。のグラフ

◆定率減税全廃で...

各質問項目とも、年齢層が上がるほど悲観派の割合が増える。例えば「暮らし向き」の質問では、50歳代の悲観派の割合は43%と、20歳代(21%)の2倍に達した。景気回復で収入増を期待できても、今年から定率減税が全廃されるなど家計の負担は減りそうもない。生活の先行き不透明感が、年齢層の高い生活者の負担感を強めているようだ。

今年のあなたの暮らし向きは昨年と比べてどうなると思いますか。のグラフ

一方、今年、何に使うお金を増やすか聞いたところ(複数回答)、「旅行・レジャー・娯楽」(36%)が最も多く、「趣味」(31%)、「子どもの学費」(24%)の順番だった。40歳代は「子どもの学費」が42%と項目別の最多となり、「教育優先」という親たちの姿が浮かび上がった。

今年はどのような分野への出費を増やそうと考えていますか。のグラフ

◆格差社会「なっている」91%

日本が格差社会になっていると思うか尋ねたところ「なっている」(50%)と「どちらかというと、なっている」(41%)の合計で91%を占めた。「なっていない」(1%)と「どちらかというと、なっていない」(3%)は少数だった。

あなたは日本が格差社会になっていると思いますか。のグラフ

また、今年の格差の先行きについては、「拡大する」(42%)、「多少は拡大する」(45%)が合わせて87%を占めた。「変わらない」は12%にとどまり、「多少は縮小」と「縮小」の合計は1%に満たなかった。

今年、格差は昨年と比べてどうなると思いますか。のグラフ

調査は、景気回復の中でも、人々の格差感が強まっていることを浮き彫りにしている。今年は、景気回復の恩恵を広く個人に行き渡らせることが問われる1年となりそうだ。

【調査方法】

NTTレゾナントのインターネット・アンケートサービス「gooリサーチ」で1月4〜6日に実施した。全国から20歳以上の勤労者1094人が回答し、内訳は男性66%、女性34%。

<調査概要>

  • 実施期間: 2007/01/04~2007/01/06
  • 有効回答数: 1,094

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

関連リンク

2010/11/05共同調査
日常生活に関する調査<第1弾>
2010/04/16共同調査
働きがいに関するアンケート
2009/08/18共同調査
▲2009年度 コト消費意欲に関する調査
2009/03/17共同調査
昼食代に関するアンケート
2009/01/29共同調査
2008年の家計に関するアンケート
2008/05/22共同調査
経済指標に関する調査
2007/07/30トレンド
自殺者数と景気の関係
2007/07/30トレンド
日本経済を支える個人消費
2007/07/30トレンド
広がる格差社会
2007/07/30トレンド
2つの離婚率で見る離婚の実態

タグ: . . .

上へ戻る