インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

Web2.0という言葉に関する調査のアイキャッチ

Web2.0という言葉に関する調査

「Web2.0」という言葉の認知度は52%、利用する検索サービスなどに違い

共同調査 伝える Download

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

IT 業界で働く人が選んだ2006年流行語トップに選ばれ、今年は「Web2.0」が流行した1年だったと言われている。ではWeb2.0という単語そのものの認知度や印象についてはどうだろうか。
インターネットコムとgooリサーチが行った調査によると、Web2.0という言葉の認知率は52.28%に上った。友人や知人との普段の会話に突然持ち出しても、半分くらいの人は何らかの反応を示してくれそうだ。

<調査概要>

  • 実施期間: 2006/12/22~2006/12/25
  • 有効回答数: 1,075

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

関連リンク

2014/04/02共同調査
Googleの諸機能に関する調査
2014/03/05共同調査
ログイン認証に関する調査
2011/09/07共同調査
ブラウザに関する調査
2011/07/13共同調査
「ソーシャル検索機能」に関する調査
2011/06/27共同調査
自動翻訳に関する調査
2007/01/17共同調査
Web2.0を用いた社内ツールの利用調査
2006/12/27共同調査
Web2.0という言葉に関する調査

タグ: . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る