インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

米国産牛肉の輸入再開に関わるアンケートのアイキャッチ

米国産牛肉の輸入再開に関わるアンケート

共同調査 食べる ダウンロード

米国産牛肉、再開後も「食べない」6割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と 読売新聞 による共同企画調査

読売新聞 2006年6月26日 グルメニュース ネット調査

gooリサーチと読売新聞社による共同企画調査<第16弾>

米国産牛肉の輸入再開に関わるアンケート

~米国産牛肉、再開後も「食べない」6割~

7月下旬にも輸入が再開される米国産牛肉について、6割の人が米国産牛肉を「食べたくない」と考えていることが25日、読売新聞社とNTTレゾナントが共同で実施したインターネットによるアンケート調査でわかった。

調査結果について

調査では、輸入再開に「反対」とした割合が「どちらかと言えば」も含め71%に達した。理由は「米国の食肉処理の安全性に疑問がある」(60.2%)が最多だった。

輸入再開に賛成ですか。のグラフ

再開後も米国産牛肉を「食べたくない」との答えは、「絶対」「できるだけ」の合計で60.6%に達した。

輸入が再開されたら、米国産牛肉を食べることについて、どう思いますか。のグラフ

外食などで牛肉の原産地表示の義務付けを求める回答は95.8%と圧倒的だった。

外食や加工食品は、原産地表示を義務づけたほうが良いと思いますか。のグラフ

調査は、19日から日米両政府が輸入再開に合意した21日にかけて、NTTレゾナントの「gooリサーチ」に登録している消費者モニターを対象に実施。有効回答は14歳から84歳の男女1059人(男性450人、女性609人)だった。

<調査概要>

  • 実施期間: 2006/06/19~2006/06/21
  • 有効回答数: 1,059

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

関連リンク

2009/02/17トレンド
世界の水不足と日本の水不足
2006/07/10共同調査
米国産牛肉の輸入再開に関わるアンケート

タグ: . .

上へ戻る