インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

動画共有サイトに関する調査のアイキャッチ

動画共有サイトに関する調査

閲覧、ダウンロード、アップロードの順、「YouTube」など動画共有サイト利用

共同調査 伝える Download

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

動画共有サイトが注目されている。誰でも自由に動画をアップロードすることができ、もちろん閲覧も無料。また、PSPやiPodなどの携帯機器でも閲覧できるようにハードディスクにダウンロードすることも可能だ。なかでも「YouTube」は、日本からの訪問者が212万人に達しているというデータもある。
インターネットコム株式会社とgooリサーチが行った調査によると、動画共有サイトの利用方法は「動画を閲覧する」というものが圧倒的に多く、続いて「ハードディスクにダウンロードする」、「アップロードする」という順だった。

<調査概要>

  • 実施期間: 2006/05/12~2006/05/15
  • 有効回答数: 1,011

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: .

上へ戻る