インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

モバイルリサーチ第9回:「広告に関する調査(9)」のアイキャッチ

モバイルリサーチ第9回:「広告に関する調査(9)」

共同調査 伝える Download

広告から購入に結びつくのは自宅、「勤務先、学校」では話のネタに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

gooリサーチとjapan.internet.comによる共同調査<モバイルリサーチ with goo(9)>

モバイルリサーチ第9回:「広告に関する調査(9)」

~広告から購入に結びつくのは自宅、「勤務先、学校」では話のネタに~

この「モバイルリサーチ with goo」では、goo リサーチと japan.internet.com が共同で、「広告」をテーマに携帯電話を活用したリアルタイムアンケートを定期的に行い、その結果を発表していく。

調査は、日本全国に住む10代〜50代以上の男女合わせて2,069人を対象に実施。男女比率は、男性41.42%、女性58.58%。年齢層分布は、10代3.63%、20代33.73%、30代42.63%、40代16.77%、50代以上3.23%。

調査結果について

■やはり自宅派強し、半数近くの回答を常にキープ

第9回もこれまでと同様に、アンケート回答時に「自宅」にいたユーザーは46.06%(953人)とトップ。30.3%(627人)でそれに次ぐ「会社等の勤務先、学校」も前回同様の順位だ。この2つの回答が4分の3以上を占め、3位の「電車の中」7.10%(147人)などが一ケタ台で続く。

アンケートを回答している場所。のグラフ

■30代が男女とも広告効果が低い...

回答者の中核をなすのは、「20代男性」11.84%(245人)、「20代女性」21.89%(453人)、「30代男性」16.29%(337人)、「30代女性」26.34%(545人)となっている。

回答者分布。のグラフ

広告を見ても「特に何もしていない」という回答が最も多いのは「30代男性」で76.42%(81人)、それに次ぐのは71.69%(119人)の「30代女性」。広告効果が低いのは男女とも30代のようだ。

その広告を見て、今後何らかの行動を起こしたいと思いますか(性・年代別)。のグラフ

■自宅にいるときには購買意欲が起こりやすいという結果に

最も広告効果が高いのは、サンプル数の少ない「飲食店、その他ショップ」を除くと、「会社等の勤務先、学校」で、「話のネタにしたい」「具体的に内容を調べたい」「すぐに購入(契約)したい」「購入(契約)を検討したい」の合計が35.78%となっている。これに次ぐ「自宅」では合計が33.61%となっている。

その広告を見て、今後何らかの行動を起こしたいと思いますか(回答場所別)。のグラフ

しかし合計値から「話のネタにしたい」を除くと「勤務先、学校」が21.15%、「自宅」が25.41%と、購入に結びつく広告効果は自宅のほうが高いという結果となった。

「電車の中」「駅のホームで」目に入った広告。の表

<調査概要>

  • 実施期間: 2006/02/06~2006/02/11
  • 有効回答数: 2,069

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る