インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

検索の仕方

乳がんに関する2万人女性の意識調査のアイキャッチ

乳がんに関する2万人女性の意識調査

2005/10/03自主調査 [病む]病気・薬 データストアあり

乳がんへの関心は8割。検診機会と告知の充実による受診率アップが生存率向上の鍵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

報道発表資料 平成17年10月19日

gooリサーチ結果 (No.88)

乳がんに関する2万人女性の意識調査

~乳がんへの関心は8割。検診機会と告知の充実による受診率アップが生存率向上の鍵~

国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同で提供するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:資宗 克行)と株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷野 剛)は、「gooピンクリボンキャンペーン2005」の一環で、NPO法人乳房健康研究会(*2)、財団法人日本対がん協会(*3)、NPO法人J.POSH(*4)の協力のもとに、「gooリサーチ」の女性登録モニターとポータルサイト「goo」を利用の一般女性を対象にした「乳がんに関する女性の意識調査」に関する調査を実施しました。

有効回答者数21,106名のうち8割を超える女性が乳がんへ関心があるにもかかわらず、身近な病気であることへの認識は2割に満たないことが分かりました。今後は、乳がんに関する情報源であるとする回答が最も多かったテレビやインターネット等のメディアを通じて、乳がんの正しい知識と検診の大切さを広く伝えていく必要性があることが伺えます。

総括

今回の調査結果により、乳がんに関する情報はテレビやラジオをはじめ、インターネット等のメディアから入手するという人が約半数を占めており、8割以上の女性が乳がんへ関心を示す一方で、「日本人女性の30人に1人以上がかかる」「30-64歳の女性がん患者の死亡原因トップ」といった身近な病気であることに関する認識は2割を下回りました。年に一度以上健康診断を受けている人が半数を超える一方で、乳がん検診を1度も受けたことがない人も半数以上におよび、乳がん検診の受診率の低さが浮き彫りになりました。乳がん検診を受けない理由としては「現在しこりや症状の異常が見られないから」が最も多く、しこりとして触れない早期段階での発見の必要性について認知向上を図ることが課題といえます。また、乳がん検診を受けた理由として、「自ら必要性を感じて」とする回答と、「市町村検診に(乳がん検診が)あったから」とする回答が共に3割を超える一方で、全体の4割以上の人が市町村における検診の有無についてわからないと答えており、テレビやインターネットを通じた乳がんに関する意識向上と共に、市町村による検診体制の認知拡大が受診率向上に影響を及ぼすものと考えられます。

調査結果のポイント

(1) 8割以上の女性が乳がんに関心を持ち、主な情報源はテレビやラジオ、インターネット。

乳がんについて8割以上の人は関心を持ち、年代別に見ると50代後半の女性の関心が最も高く、20代後半から関心が高まる。情報源としてテレビ・ラジオが53.0%、インターネットが45.2%と続く。

(2) 乳がんの基本知識は半数以上が認識しているが、身近な病気としての意識は低い。

「自分で発見できる病気」、「マンモグラフィだと、しこりとして触れないごく早期のがんを発見できる」、「早期発見であれば95%が治る」といった乳がんに関する基本知識は半数以上の人が知っているが、「30人に1人以上がかかる」、「30-64歳の女性がん患者の死亡原因のトップである」といった身近な病気であるとの認識は2割に満たない。

(3) 半数以上が乳がん検診を受けたことがなく、経験した乳がん検診のトップは視触診。

1年に1度以上健康診断を受ける人が半数にのぼるのに対し、子宮がん検診は44.7%、乳がん検診は55.3%の人が受けたことがないと回答。また、乳がん検診を受けた人の中で最も多い検査方法は視触診で34.5%を占めており、早期発見に有効と言われるマンモグラフィやエコーはそれぞれ2割を下回った。

(4) 検診を受けない理由のトップは「自分の乳房に異常が見られないから」。

乳がん検診を受けた人にきっかけを聞いたところ「自分で必要性を感じたから」の35.5%に続いて、「市町村の検診内容にあったから」が34.2%、「職場の検診内容にあったから」25.5%と、乳がんに対する意識と共に生活の中での検診機会の有無が受診 率に影響を与えているといえる。一方で、現在乳房に異常がないことを理由に乳がん検診を受けていない人が6割を超え、検診機会がないとする回答も4割を超えた。今後は、乳がん検診による早期発見に向けた意識の向上や、健康診断の検査項目への追加、自治体の検診体制の整備・認知拡大など、乳がん検診の機会を増やす取り組みが必要とされる。

(5) 4割以上の人が市町村での乳がん検診実施についてわからないと回答。

在住する市町村での検診実施について43.7%と約半数の人がわからないと回答し、認知の低さが浮き彫りとなった。また、市町村での認識している検診内容は、視触診が7割を超え、マンモグラフィは4割であった。

(6) 最も知りたい情報は「予防法」。

乳がんについて知りたい情報のトップは「予防法」で、僅差で「受診できる病院」「乳腺専門医の情報」「治療法」「治療費」と続いた。今後、市町村や各メディアが発信していくべき情報としてこれらより具体的なものが求められていているといえる。

《 補足 》

(*1)【 gooリサーチ 】http://research.goo.ne.jp/
ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナントと、日本のリーディングシンクタンクである三菱総研の調査企画力、コンサルティング力が融合した、高品質で付加価値の高いインターネットリサーチ・サービスです。携帯電話でアンケートに答える「gooリサーチ・モバイル」モニター(5.0万人)、キーパーソンのビジネスマンを中心とする「gooリサーチ・ビジネス」モニター(2.9万人)、団塊世代、シニア層を中心とした郵送調査手法で回答する「郵送調査専属モニター」(7千人)を含め、30万人の登録モニターを擁し、消費者向け調査から、法人向け調査、グループインタビューまで、様々な市場調査ニーズに対応しています。(モニターの人数はいずれもH17年10月現在)

(*2) NPO法人乳房健康研究会 http://www.breastcare.jp/

(*3) 財団法人日本対がん協会 http://www.jcancer.jp/

(*4) NPO法人J.POSH http://www.j-posh.com/  理事長 田中 完児

<本調査およびgooリサーチに関するお問合せ先>

NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部 リサーチグループ
(Tel) 03-5224-5380、(FAX) 03-5224-5201、(E-mail)research@goo.ne.jp
NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部 広報グループ
(Tel) 03-5224-5500、(E-mail) pr@nttr.co.jp

<gooリサーチに関するお問合せ先>

株式会社三菱総合研究所 E-リサーチ事業推進室
(Tel) 03-3277-0719、(Fax) 03-3277-0523、(E-mail) e-res@mri.co.jp
株式会社三菱総合研究所 広報部広報グループ 
(Tel) 03-3277-0003 (Fax) 03-3277-3490、(E-mail) ccd-mg@mri.co.jp

調査概要

1. 調査対象 gooリサーチモニター、「goo」を利用の一般女性
2. 調査方法 gooリサーチを利用したWebアンケート調査
3. 調査期間 平成17年9月20日(火)〜平成17年9月26日(月)
4. 有効回答者数 21,106名
5. 回答者の属性 【年代別構成】
19歳以下 1.0%、20-24歳 8.5%、25〜29歳 19.5%、30〜34歳 26.3%、35〜39歳 19.4%、40〜44歳 13.3%、45〜49歳 6.4%、50〜54歳 3.0%、55〜59歳 1.8%、60歳以上 0.8%

【結婚率】
66.7%

【出産経験率】
52.7%

調査結果データ

1. 8割以上の女性が乳がんに関心を持ち、情報源としては、テレビ・ラジオがトップ。

(1) 8割以上の女性が乳がんに関心があり、50代後半の関心が一番強い。

女性全体で8割以上の人が関心を寄せ、特に3割の人は強い関心を示した。【図1】。

【図1】乳がんへの関心 N=21,106

【図1】乳がんへの関心

乳がんに関心を示す割合が50代後半の人が最も高く、30代以降の人はどの年代も3割以上が乳がんへ強い関心を示した。25歳以上では8割以上の人が関心を持っている。【図2】。

【図2】乳がんへの関心(年代別) N=21,106

【図2】乳がんへの関心(年代別)

(2) 情報源としては、テレビ・ラジオがトップで、次いでインターネット。

乳がんに関する情報源としてテレビ・ラジオが53.0%、インターネットが45.2%と高い。一方で検診機関での情報収集は2割程度、自治体の広報誌での情報収集は1割程度にとどまった。【図3】。

【図3】乳がんの情報源 N=21,106 ※複数回答

【図3】乳がんの情報源

2. 乳がんが身近な病気であるという認識や、乳腺科・乳腺外科に関する認識も不足

(1)乳がんが身近な病気であるという認識は2割に満たない。

「日本人女性に急速に増えている」、「自分で発見できる病気」、「マンモグラフィだと、しこりとして触れないごく早期のがんを発見できる」、「早期発見であれば95%が治る」といった乳がんに関する基本知識については半数以上の人が知っているが、「30人に1人以上がかかる」、「30-64歳の女性がん患者の死亡原因のトップである」といった身近な病気であるとの認識は2割に満たない。【図4】。

【図4】乳がんについて知っている情報 N=21,106 ※複数回答

【図4】乳がんについて知っている情報

(2) 乳房異常の際婦人科を訪れる人が半数を超え、乳腺科・乳腺外科を知るのは25.8%。

乳房に異常を見つけたら半数以上の女性が婦人科を訪れようと考える。【図5】。

【図5】乳房にしこりなどの異常を見つけたら訪れようと思う診療科 N=21,106

【図5】乳房にしこりなどの異常を見つけたら訪れようと思う診療科

乳房の治療を行う乳腺科・乳腺外科を知らない人は半数近くにのぼり、聞いたことはあってもどのようなところか知らない人も25.2%存在し、乳がん検査に関する知識をきちんと把握していない人がほとんどであるといえる。【図6】。

【図6】乳腺科・乳腺外科という専門科を知っている割合 N=21,106

【図6】乳腺科・乳腺外科という専門科を知っている割合

3. 約9割の人が健康診断を受けているのに対し、乳がん検診未経験者は半数近くにのぼる。

(1) 年1回以上健康診断を受診する人は過半数。

健康診断を年に1度以上受けている人は48.3%、2年に1度は6.9%で、受けたことがない人は1割に満たない。【図7】。

【図7】健康診断の受診率 N=21,106

【図7】健康診断の受診率

(2) 乳がん検診を受けたことのない人は半数以上。

既に乳がん検診を受けたことがある人に検査方法を聞いたところ、医師が触診を行う「視触診」が34.5%と最も多く、「自己検診」率はわずか25.6%、「エコー」は17.6%、初期の乳がんを発見しやすいと言われるマンモグラフィについては15.6%と低い経験率で、どれも受けたことがない人は55.3%にものぼる。【図8】。

【図8】受診したことのある乳がん検診 N=19,799 ※複数回答

【図8】受診したことのある乳がん検診

(3) 子宮がん検診を受けたことのない人は半数近く。

1年に1度受けている人は25.5%、2年に1度は9.1%。一方で1度も受けたことがない人が半数近くいる。【図9】。

【図9】子宮がん検診の受診率 N=21,106

【図9】子宮がん検診の受診率

4. 授検理由は「自分で必要性を感じたから」がトップ。

(1) 乳がんの検診を受けた理由は「自分で必要性を感じたから」が上位を占める。

乳がん検診を受けた人にきっかけを聞いたところ「自分で必要性を感じたから」の35.5%に続いて、「市町村の検診内容にあったから」が34.2%、「職場の検診内容にあったから」25.5%であった。【図10】。

【図10】乳がん検診を受けたきっかけ N=8,706 ※複数回答

【図10】乳がん検診を受けたきっかけ

(2) 乳がん検診を受けない理由のトップは「現在しこりや症状の異常が見られないから」

乳がん検診を受けない人のうち62.6%が「現在しこりや症状の異常が見られないから」と回答。「検診の機会がないから」とする回答も43.9%を占めた。【図11】。

【図11】乳がん検診を受けない理由 N=12,264 ※複数回答

【図11】乳がん検診を受けない理由

5. 4割以上の人が市町村での乳がん検診実施についてわからないと回答。

在住する市町村での検診実施について43.7%の人がわからないと回答。市町村の乳がん検診実施の有無を知っているのは5割強。【図12】。

【図12】自分が住んでいる市区町村での乳がん検診の実施について N=21,106

【図12】自分が住んでいる市区町村での乳がん検診の実施について

自分が住んでいる市町村での検診内容として認識しているものは、視触診が7割以上、マンモグラフィは4割。【図13】。

【図13】自分が住んでいる市区町村の乳がんの検診内容の認知 N=11,274 ※複数回答

【図13】自分が住んでいる市区町村の乳がんの検診内容の認知

6. 乳がんについて知りたい情報は「予防法」「病院」「治療法」「治療費」そして「病気」

(1) 乳がんについて知りたい情報のトップは「予防法について」。

「予防法について」一番関心が高く、次いで「受診できる病院」「乳腺専門医の情報」「治療法」「治療費」「病気について」といずれも過半数の人が回答。【図14】。

【図14】乳がんについて知りたい内容 N=21,106 ※複数回答

【図14】乳がんについて知りたい内容

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の集計結果などを無料にて提供しています。

タグ: .

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2017 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation