インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第5回Web メールに関する調査のアイキャッチ

第5回Web メールに関する調査

共同調査 伝える Download

約半数が有料になっても「継続利用する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

gooリサーチとjapan.internet.comによる共同企画調査<アンカーリサーチ with goo (62)>

第5回Web メールに関する調査

~約半数が有料になっても「継続利用する」~

この「アンカーリサーチ with goo」では、gooリサーチと japan.internet.com が共同で、注目されているテーマについて定期的にアンケートを行い、その結果を発表していく。

今回は「Web メールに関する調査」の第5回目調査結果をレポートする。現在、様々なポータルサイトから Web メールが提供されており、2004年からは機能や容量を拡充させた、有料版 Web メールも出現している。このようなことから Web メールの動向を見るため、Web メールに関する調査を実施した。

調査対象は、全国の10代から60代以上の男女1,070人。男女比率は男性:45.7%、女性:54.3%。年齢層分布は、10代:0.9%、20代:22.2%、30代:43.5%、40代:22.4%、50代:8.0%、60代以上:3.0%。

調査結果について

■Web メールの満足度、トップは「メールボックスの容量」で約7割

現在の Web メールサービスユーザーは、前回より0.8ポイント減り82.7%、Web メール未使用者は17.3%だった。

グラフ

Web メールサービスを利用している885人に、使用中の Web メールサービスに対する満足度(「満足」「やや満足」の合計)を尋ねたところ、「メールボックスの容量」が前回より4.6ポイント増え69.6%でトップ。次いで「画面の見やすさ」が3.6ポイント増え66.9%、「画面のデザイン」は2.5ポイント増えて64.4%という結果だった。

グラフ

■74.3%が Web メールアドレスを「2個以上」保有

Web メールの利用頻度は、「毎日」が依然としてトップで66.9%。また「週に1回以上」Web メールを利用する人は、前回より若干増加して89.5%となり、約9割が週1回以上利用していることがわかった。

グラフ

Web メールアドレスの数は、「2個」が最も多く29.6%。その他「1個」が25.7%、「3個」が22.3%と続き、Web メールアドレスを「2個以上」持っている人は1.3ポイント増えて74.3%だった。

グラフ

■「メルマガ登録」のために Web メールを利用――57.2%

Web メールの利用目的(複数選択可)は、「メールマガジン登録用」が最多で57.2%(506人)。その他「友人・知人用」53.5%(473人)、「懸賞登録用」49.9%(442人)が続いた。

グラフ

Web メール各機能の利用状況を聞いたところ、最も多かったのは「受信拒否機能」で前回より1.1ポイント増え46.1%。次いで「ウイルスチェック機能」42.7%、「POP 受信(プロバイダメール受信)機能」が35.3%だった。前回の3位は「振り分け機能」だったが、それに代わり今回初めて「POP 受信機能」が上位3位以内に入った。

グラフ

■約半数が有料になっても「継続利用する」

Web メールサービスを選ぶ際に重視する点は(最大3つまで選択可)、「料金が安い(あるいは無料)」がトップで77.7%(688人)。その他「メール容量が大きい」36.1%(319人)、「ウイルスチェック機能が充実している」28.7%(254人)と続いた。

グラフ

そこで、Web メールサービスが有料になった場合に継続して利用するかを尋ねたところ、「継続して利用する」は1.2ポイント増えて7.8%、「料金によっては利用する」は40.6%となり、約半数が有料になっても継続利用したいと思っていることがわかった。

グラフ

■Web メール未使用者の約2割が「今後利用したい」と回答

現在 Web メールを利用していない185人に、利用していない理由を尋ねたところ(複数選択可)、「現行のメールで十分だから」が前回と同様にトップで86.5%(160人)。次いで「セキュリティ対策が不十分そうだから」と「個人情報を教えたくないから」の、個人情報漏れを懸念するものが同率2位で13.5%(25人)、「利用方法がわからなかったから」9.2%(17人)という結果だった。

グラフ

さらに、今後の Web メールサービスの利用意向は、「是非利用したい」「利用したい」の合計が前回より6.8ポイント減って23.2%に留まった。

グラフ

次回は、第19回携帯電話買い替えニーズに関する調査の結果をレポートする。(調査協力:japan.internet.com)

<調査概要>

  • 実施期間: 2005/08/23~2005/08/24
  • 有効回答数: 1,070

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ:

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る