大規模モニターと信頼性の高い調査結果のインターネットリサーチ「NTTコム リサーチ」(旧gooリサーチ)

調査のお見積 0120-051-500

第17回:携帯電話買い替えニーズ調査

gooリサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にNTTコム リサーチへ名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。
photo

第17回:携帯電話買い替えニーズ調査

 

2005/07/08  category

gooリサーチとjapan.internet.comによる共同企画調査<アンカーリサーチ with goo (55)>

番号ポータビリティ導入後「会社変更したい」―約3割

この「アンカーリサーチ with goo」では、goo リサーチと japan.internet.com が共同で、注目されているテーマについて定期的にアンケートを行い、その結果を発表していく。
今回は「携帯電話の買い替えニーズ調査」の結果をレポートする。ちなみに、この調査結果は2004年4月より定期的にレポートしており、今回はその第17回目にあたる。

調査対象は、全国の10代から50代以上のインターネットユーザー1,000人。男女比率は、男性:38.4%、女性:61.6%。年齢層分布は、10代以下:1.8%、20代:25.0%、30代:40.6%、40代:22.5%、50代以上:10.1%。

前回と同様、ユーザーの割合を実際のものと近づけるため、NTT ドコモユーザー:56.4%、au(KDDI)ユーザー:22.2%、ボーダフォンユーザー:17.3%、ツーカーユーザー:4.1%の割合で調査を行った。

■端末の重視点、依然根強い「ディスプレイのきれいさ・大きさ」

携帯電話を買い替える際に「かなり重視する」「重視する」が最も多かったのは、依然として「ディスプレイのきれいさ・大きさ」で前回より1.1ポイント増の95.1%。その他「デザインのよさ」が4.0ポイント増え93.3%、「パケット料金割引の大きさ」は若干減少し78.5%と続き、順位の変動は見られなかった。

グラフ

各機能の利用意向は「メガピクセルのカメラ機能」76.7%、「音楽が聴ける機能」65.2%、「バーコードリーダー機能」58.7%という結果だった。

グラフ

■3か月以内の機種変更意向は35.0%

今後3か月以内に携帯電話を「買い換えたい」と答えた人は、前回より2.7ポイント減り35.0%。

グラフ

機種変更意向がある350人を性別で見てみると、男性は36.7%、女性は33.9%と、男性の方が約3ポイント多かった。

また、今後3か月以内に携帯電話会社を「変更したい」と答えた人は1.6ポイント減り5.5%。会社変更意向は、前回に引き続き今回も減少している。

グラフ

■約3割が番号ポータビリティ導入後に「会社変更したい」

携帯電話会社の変更意向がある55人に、会社変更理由を聞いたところ(複数選択可)、トップは「通話料金が安い」で40.0%(22人)。次いで「パケット通信料金が安い」25.5%(14人)、「自分にあった割引プランがある」と「家族や友人と同じ会社を使いたい」は同率で23.6%(13人)だった。

グラフ

また、番号ポータビリティ制度が導入された場合の、携帯電話会社の変更意向を尋ねたところ30.7%と、前回より2.5ポイント減少した。

グラフ

■有料携帯ゲーム、最も利用されるのは「パズルゲーム」

過去1か月以内に、着信メロディ(着うたを含む)の有料ダウンロードを行った人は、25.5%で前回より1.1ポイント減少。1か月あたりの着信メロディ有料ダウンロードに対する支払い平均金額は415.7円で、35.8円増えた。

グラフ

同様に過去1か月以内に携帯電話用ゲームの有料ダウンロードを行った人は、若干減少して8.3%という結果。

グラフ

最もよく利用されているゲームは「パズルゲーム」で34.9%。次いで「ロールプレイングゲーム」(14.5%)、「テーブルゲーム」(13.3%)だった。

グラフ

■チケット予約サイト、ショッピングサイト共にユーザーは1割未満

過去1か月以内に携帯用チケット予約サイトを利用した人は、0.8ポイント増えて3.0%。

グラフ

サンプル数が少ないため参考値となるが、携帯用チケット予約サービスのうち、最も利用されているのは(複数選択可)、「電子チケットぴあ」で43.3%(13人)。

同様に携帯用ショッピングサイトを利用した人は、若干減り6.6%。

グラフ

こちらも参考値となるが、購入した商品は(複数選択可)、「衣類・ファッション」が最多で24.2%(16人)。次いで「CD・DVD・ビデオ」と「コスメ・ダイエット商品」が同率で19.7%(13人)となった。


次回のアンカーリサーチ with goo では、「Blog に関する調査」の第17回目をレポートする。(調査協力:japan.internet.com)

  • お見積・資料請求
  • ご相談・お問合せ お気軽にお問合せください
  • ニュースメールお申込み
プライバシーマークNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
プライバシーポリシー

ページトップへ

 

NTTコミュニケーションズグループ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

Copyright(C) 2014 NTTCom Online Marketing Solutions Corporation