インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ

第7回:携帯電話買い替えニーズ調査のアイキャッチ

第7回:携帯電話買い替えニーズ調査

共同調査 伝える Download

会社より機種変更意向が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gooリサーチ と japan.internet.com による共同企画調査

gooリサーチとjapan.internet.comによる共同企画調査<アンカーリサーチ with goo (22)>

第7回:携帯電話買い替えニーズ調査

~会社より機種変更意向が高い~

この「アンカーリサーチ with goo」では、gooリサーチと japan.internet.com が共同で、注目されているテーマについて定期的にアンケートを行い、その結果を発表していく。

今回は「携帯電話の買い替えニーズ調査」の結果をレポートする。ちなみに、この調査結果は4月より定期的にレポートしており、今回はその第7回目にあたる。

調査対象は、全国の10代から50代のインターネットユーザー1,000人。男女比率は、男性:41.9%、女性:58.1%。年齢層分布は、10代:2.7%、20代:28.5%、30代:41.4%、40代:18.7%、50代:8.7%。

前回と同様、ユーザーの割合を実際のものと近づけるため、NTTドコモユーザー:56.0%、au(KDDI)ユーザー:21.6%、ボーダフォンユーザー:18.1%、ツーカーユーザー:4.3%の割合で調査を行った。

調査結果について

■メガピクセルのカメラ機能の利用意向が増加

携帯電話を買い替える際に、「かなり重視する」「重視する」と回答した人の合計が最も多かったのは、「ディスプレイのきれいさ・大きさ」で94.5%。次いで「デザインの良さ」が91.9%、「パケット料金割引の大きさ」が75.7%と、前回と順位の変動はなかった。

携帯電話を買い替えるときに重視するポイント

携帯電話に欲しい機能で、最も利用意向が高かったのは「メガピクセルのカメラ機能」で前回より2.2ポイント増加して74.7%。そのほか「ナビゲーション機能」が前回より若干増加して61.1%、「音楽が聴ける機能」が59.1%で続いた。

帯電話を買い替えるときに欲しい機能

■機種変更したい―34.8%、会社変更したい―6.7%

今から3か月以内に携帯電話の機種買い替え意向は「買い替えたい」が前回より2.2ポイント減少して34.8%。また、今後3か月以内に携帯電話会社を「変更したい」は前回より若干増加して6.7%。

3ヶ月以内に携帯電話の機種を買い替えたいと思いますか。

3ヶ月以内に携帯電話会社を変更したいと思いますか。

携帯電話会社を「変更したい」と回答した67人に、変更後に利用したい携帯電話会社を聞いたところ(複数選択可)、最も多かったのは「au(KDDI)」が64.2%(43人)。次いで「ボーダフォン」が31.3%(21人)、「NTT ドコモ」が28.4%(19人)という結果だった。

この結果を性別で見てみると、男女ともにトップは「au(KDDI)」(男性:69.0%、女性:60.5%)。男性で2位は「NTT ドコモ」(31.0%)、3位は「ボーダフォン」(20.7%)だったが、女性2位は「ボーダフォン」(39.5%)、3位は「NTT ドコモ」(26.3%)で、2位以降のメーカーが男女で異なっていた。

変更後に利用したい携帯電話会社はどこですか。

変更後に利用したい携帯電話会社はどこですか。(性別)

■番号ポータビリティがある場合「会社変更したい」約3割

さらに、携帯電話会社を変更したい理由を尋ねたところ(複数選択可)、「パケット通信料金が安い」が最も多く43.3%(29人)。その他「通話料金が安い」が40.3%(27人)、「使いたい端末がラインナップされている」と「家族や友人と同じ会社を使いたい」が同率で28.4%(19人)という順だった。

携帯電話会社を変更したい理由は何ですか。

携帯電話会社を「変更したくない」と回答した933人に、番号ポータビリティ制度が導入された場合の携帯電話会社の変更意向を聞いたところ、「変更したい」が前回より2ポイント減少して32.6%、「変更したくない」が67.4%だった。

性別で結果を見てみると、男性で「変更したい」は35.9%、「変更したくない」が64.1%。一方、女性で「変更したい」は30.2%、「変更したくない」は69.8%で、男女ともに「変更したい」と回答した人は約3割程度に留まった。

番号ポータビリティ制度が導入された場合、携帯電話会社を変更したいと思いますか。

番号ポータビリティ制度が導入された場合、携帯電話会社を変更したいと思いますか。(性別)

■着メロの有料DLユーザー、1.3ポイント増加

過去1か月以内に着メロの有料ダウンロードサイトを「利用した人」は前回より1.3ポイント増加して29.3%、「利用しなかった」人は70.7%。着メロの有料ダウンロードで支払った金額は平均313.7円。

過去1ヶ月以内に着メロの有料ダウンロード、ゲームの有料ダウンロードを利用しましたか。

同様に携帯電話用ゲームの有料ダウンロードサイトを「利用した」人は9.7%、「利用しなかった」人は90.3%。携帯用有料ゲームで支払った金額の平均は478.9円で、平均で2.7種類ダウンロードしていることがわかった。

最もよく利用する携帯用ゲームのトップは「パズルゲーム」で34.0%。その他「ロールプレイングゲーム」が17.5%、「テーブルゲーム」が10.3%と続いた。

どの携帯電話用ゲームを最もよく利用しますか。

■ショッピングサイトでの購入商品トップは「CD、DVD、ビデオ」

過去1か月以内の携帯電話でのチケット予約サービスの利用意向を聞いたところ、「利用した」が2.1%、「利用しなかった」が97.9%。

サンプル数が少なく、参考値となってしまうが、携帯電話でのチケット予約サービスを利用した21人に、利用したサービスを聞いてみると(複数選択可)、「電子チケットぴあ」(47.6%、10人)、「e+」(33.3%、7人)、「ローソンチケット」(19.1%、4人)という結果だった。

同様に、過去1か月以内に携帯電話でのショッピングサイトの利用意向は「利用した」が4.0%、「利用しなかった」が96.0%。購入した商品を聞いたところ(複数選択可)「CD、DVD、ビデオ」(22.5%、9人)、「衣類、ファッション」(15.0%、6人)「書籍」と「日用雑貨」は同率(12.5%、5人)だった。

過去1ヶ月以内に携帯電話のチケット予約サービス、ショッピングサイトを利用しましたか。

利用したチケット予約サービスは何ですか。

購入した商品は何ですか。

次回はBlogに関する調査の結果をレポートする。(調査協力:japan.internet.com)

<調査概要>

  • 実施期間: 2004/09/06~2004/09/07
  • 有効回答数: 1,000

NTTコム リサーチは、平成24年10月1日にエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社からNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社へ事業譲渡され、平成25年12月9日にgooリサーチより名称変更いたしました。gooリサーチの調査結果(共同調査含む)等についてはこちらまでお問合せください。

この調査結果の単純集計を無料にて提供しています。

タグ: . .

ネットリサーチをご検討の方、市場調査に興味のある方、お気軽にお問合せください。

上へ戻る